2008年11月27日

『友情を疑う』という本

 のタイトルを見てちょっとビビる。哲学系の新書だと思われるが、先日の『ぼくの大切な友だち』で「愛は金で買えるが友情は買えない」との名言に出会ったばかりなのに…。


 そんなわけで、友情について考えてみた。疑うなんて『走れメロス』くらいのことであって、友情以前の儚いものばかり知った気になっているくらぽーのキーワードは、経験則から以下のようになった。


・本人かパートナーが理数系もしくは人文科学系
・兄でなく弟(たまに妹)がいる
・くらぽーより落ち着いている、気分屋でないオトナ(オイラが子ども…?)
・中高は共学(だからといって男女で顔を使い分けない)
・グループ行動をそんなにしない
・天然ぽいが結構毒舌(自分は…?)
・カラオケが好き
・マニアックな趣味/雑学(専攻に通じる?)


 別に特定の個人について書いたわけではないが、小学校爾来見事なまでにこの内の4つ乃至5つはかなりの確率で当てはまる。当てはまるからって友達になれるもんでもないけど。

 でもくらぽーが居心地良く付き合えるのはこういう相手なんだな。理数系の女の子の方が面白い話が出来て、弟みたいに可愛がってもらう、みたいな(笑)くらぽーがマニアなのか、逆にマニア受けなのか?と思わざるを得ない結果だなあ。


posted by くらぽー at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。