2008年12月12日

今年の駆け込み・改

 やっぱり一番欲しいのは心の支えだと思った。そんなプレゼント誰もくれないとわかってるけど。

 セ○シンは一時凌ぎ、時間稼ぎにしかならない。緩慢な死を迎えるまでの。


 何時泣くのが相応しいのだろうか?
 既にタイミングではないのだろうか?

 既に不在なのだから、それに気づくなんてことはないと思っていた。もういなくなることはないのだと。




 書いてみれば、意外にすっきりした。


posted by くらぽー at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。