2009年03月29日

最近観た映画から(ネタバレあり)。

 もう最近じゃないかもしれないけど。生き別れ、死に別れの映画多かった…。


「あの日の指輪を待つきみへ」
 最後は新しい愛に目覚めてハッピーエンド。シャーリー・マクレーン健在に安心。クリストファー・プラマーってどこかで観たことあると思ったら「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐だった!一番可哀相だったのは結婚相手。あと、あんなに主人公が愛した彼氏にいまいち魅力を感じなかった。「運命の愛は、一度きりじゃない」ってコピーは、なんかズルイ気がする。3人に一度に愛されるだけでもズルイのに。

「百万円と苦虫女」
 蒼井優の魅力満載。森山未來くんとの関係も初々しく、そしてまさかの切ないラスト…。さよならだけが人生だ、ということを力抜いて伝える感じ。オイラも百万円貯めてトランク1つで放浪したい。したいけど。

「グーグーだって猫である」
 吉祥寺が出てる!というだけでも観る価値がある(?)ねこホンマ可愛い。そして「めがね」から気になっていた加瀬亮がここでもいい味出している。おかげで『ありふれた奇跡』もしっかり観てしまった。そういえば、この人って草食系?ああ、アリかも。

「コレラの時代の愛」
 えーと、愛って、貞節ってなんだろね…と思った。ガルシア=マルケスの原作読んでないけど、なんで『百年の孤独』じゃなくてこっちなのか。『百年』はゴッドファーザーみたいにできるはずなのに。主人公の女々しさ、身勝手さは天下一品。てゆかキモイ。ライバル役の彼女の夫のがよっぽど魅力的なので、ホント捨てられでもしなきゃそっちには行かないと思った。

「イントゥ・ザ・ワイルド」
 自然がオレを呼んでるぜ的映画。でも彼の人生って何だったの?という不思議な味わい。主人公エミール・ハーシュは結構男前。男だったらバックパッカーで生きるのはいいかもしれない。男だったら。

「落下の王国」
 多分一言で言うと、落下フェチの映画。ストーリーにはあんまり意味がないのかもしれない。ナンセンスな寓話の、目も覚めるような映像。回々教徒のダンスは圧巻。あと、女の子が無駄に縛られて泣いたりする。お話の中に入り込んでしまう劇中劇の入れ子構造、こういうナンセンスは大好き。テーマのあのベト7(葬送曲の部分)が聴きたくてきっとまた意味なく観てしまう。

「トウキョウソナタ」
 なんでこんなに重いテーマが…と思ったら黒沢清ってあったんだからしょうがねえ。多分ちゃんと観るの初めて…あ、『蛇の道』は観たな。でもホラーは嫌いだから多分観ない。香川照之のダメ親父っぷりが笑えてくる。小泉今日子である必要性はあったのか。「グーグー」はぴったりだったけど。大物の意外なカメオ出演。なんか途中でコミカルになるから最後まで観てて飽きなかった。フィクションなのに現代の空気感を余すところなくリアルに伝えている。

「宮廷画家ゴヤは見た」
 ナタリー・ポートマンの女優ぶりに脱帽。『コレラの〜』のキモイ主人公がまた出てる。おまけにまた自己中男。こんな男にすべてを捧げて精神を壊した彼女の人生は誰が償うのだろう?でも生き写しの娘を2役で演じて、それもまた良かった。拷問のシーン怖かった。

「ブーリン家の姉妹」
 ナタリーポートマン、今度はまた180度違う、王の愛と権力を得ようと権謀術数を巡らす悪女の役。でも、世界史で習ったアン・ブーリンて、王の愛人としか習わなかったのに(汗)対して妹役のスカーレット・ヨハンソンは、別に他の誰がやってもいい感じ。友人いはく「バカっぽいのがいいんじゃない?」でもバカと純粋無垢は紙一重。そしてそれは意外とモテる、というグリム童話の典型を踏襲したストーリー。女優として何かで選ばれてた気がするけど、多分知的なタイプとは言わないんだろーね(爆)妹役か姉役かといえば姉役のが絶対面白いと思うくらぽーも既に何かに毒されている。けど結局一番最低だったのは、やっぱり自己中な王だろう。史実でも、アンを処刑してから5番目まで王妃を取り替えているし…。エリック・バナ結構好きだったのに、男の狡さ、弱さをたっぷりやっちゃったから印象悪くなったー。

「P.Sアイラヴユー」
 予告編とポスターに騙されてたけど、これは『オータム・イン・ニューヨーク』みたいなベタな悲恋もの(いや観てないけど)じゃない。開けてびっくり、多分70%以上が笑うとこ。でもしょうがないよね、永遠のお別れなんだから…。しかもそれがまた重くなりすぎない感じで良かった。愛を失くしても、一人でも生きていくことはできるんだと思った。『オペラ座の怪人』が忘れられないジェラール・バトラーがちょっと2枚目半な男性を好演。ヒラリー・スワンクもだけど、キャシー・ベイツがなんだか昔よりずっと綺麗になった。というより元から綺麗なひとだったんだよね。逆に『フレンズ』のリサ・クドローはもう何歳なん?って感じ。さらに、最初から出てて主人公のことを好きだったのに、キスでやっぱり違うってなって結局友達に納まっている彼は何なん?献花の代わりに、ショットグラスをいっぱい置いて、一人ずつ乾杯していく告別式(?)は良かった。


 とりあえず、アイルランドに行ってみたくなる映画が多かった。


posted by くらぽー at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯遊び60

 明らかに買い物メモが混ざっている…。そしているかをどうするんだ?

続きを読む
posted by くらぽー at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

始まりの始まり。

 遠方より遊びに来た朋を連れて、ゲーム大会に行ってきました。今回はそろそろあったかかったのでカレー。生協でカレーのスパイスのセット買ってみてたのですが、結論からいうとあんまり辛くなかった…という自分にちょっとびっくり。最近周りに辛い物好き多いから、舌が慣れてきたのかなぁ?

 かの有名な「ポートピア殺人事件」を、ほぼ全員が結末を知っている中、倒叙的に証明実験してもらいましたwwwあとは、おなじみの桃鉄。見てるだけだったから途中で寝たりしたけどやっぱり楽しかった。

 フランスに行けばもうこういう企画もなくなっちゃうんだなー。とりあえず最終講義の後にカラオケ行けたらいいな。



 もう一個、中学の同級生に会った。つまりは、高校の同級生なんだけど、そういや高校ではもうほとんど絡んだ記憶がないなあと、後で思った。目が合っても最初は気づかないふりをしたかったかのように見えた。こっちも無視しても良かったんだけど。井戸でのことは、もうみんな忘れたい思い出なのかもしれない(向こうがね)。

 と、今日はとある卒業式に行ってきたのだけど、大学ってとこもまあ考えてみれば、でかい井戸みたいだよなーと思った。多分、入口は多少広くて海にも近いけど、深く行けば行くほど狭く小さくなっているのだと思う。


 フランスに行ってしたいこと。とりあえず演劇・シナリオの勉強がしてみたい。フランスだから映画でもいいけど。一から留学してる人のブログとか、適当に見ている。

 まだ、何にも終わっちゃいないし、てか始まってもいないよ。長い人生、井戸でのことなんてほんの数年でしかないんだということ、きっとこれからはまあまあな生き方ができるはずだと信じて。
posted by くらぽー at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

ひとり言葉遊び。

ぶぜっと とろ どぅ えぴゅい
さむ ちゅ とれ どぅすもん
posted by くらぽー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

や…辞め辛!

 うちの会社、変。というか、社長=塾長の暴走が止まらなくなっている。

 今更「経済不況を鑑みて」という給料一律5%カットにも参ったけど…一番びっくりしたのは今週になっていきなり社員が一人クビになったこと。そこまでしないとマズイ状況なのか?

 なんというか、くらぽーがさっさと辞めてりゃ社員さん辞めなくて済んだのかも…?とか。
 ただしリストラの理由は「若いし、男だから」。表向きは一番次を探しやすいから…らしい。でもそんなに世の中甘くないし、本当は塾長自身が自分のやり方にいちいち逆らう彼を切りたかったんじゃないかと思えてならない。

 とりあえず今週はその代講をやったりといつもより慌しくなった。そろそろオイラの辞める話をしないとと思っていたのにどうもそれどころじゃない感じ?急に担当が変わったこと(それ以前に校舎が1つなくなったのもあるけど)で生徒たちも何人かは辞めることになったり…イエスマンて怖いな。結局は自分の首を絞めるだけなのに。

 というか室長はこんな時くらい休むな!もう1人の社員さん休み返上で新宿にも来てるってのに…。てオイラも本当は火曜休みだったんだよ…風邪も引いてんのに今週6日勤務だぜT T
posted by くらぽー at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

鳥啼き魚の目は

 最近、日本を、東京を離れることについて、心残りがどうしても拭えない。授業が終わる度に泣きだしてしまいそうになる。何人かの生徒に、ちょっと深くコミットしすぎてしまったようだ…。

 まず、関わり方が普通に仕事してたんじゃできないようなことばかり。くらぽーは、雇う側にとっては決して理想の教師ではない。カリキュラムは結構無視するし、本来では約束できないことまでしているからだ。どっちかというと、保健室の先生みたいな感じの事をしていて、その合間に勉強させている、と言った方がいいのかもしれない。


 3人の生徒。新小2の子と、新高1の子と、新高3の子。

 小2の子は。一人っ子でB型でちょーワガママ。オイラを不登校に追い込んだ?一番苦手なタイプだったので、本当に手を焼いている。しかし、年齢が離れているしこちらが先生なので、甘えられるし憎めないなと思う。昔はじっとしていられなくて本当に授業を進めるのが大変だったが、最近少し成長してきた。お母様も優しい(彼女には鬼ママらしいが)方で、よくお話してくださる。プライドが高くて間違う事を怖がる(あとで怒られるから?)子なので、思っていることを吐き出させようと思って(あと授業中のおしゃべりを減らそうと思って、でもこちらは失敗)、交換日記を始めた。それは夏には完成させられるはずだった。

 高1の子は。3年前まで海外に居た、帰国子女。なので英語より国語が苦手(向こうでも受験のため日本語の塾に通っていたらしいが)でもとても真面目な子で、一生懸命さが伝わってくるし教え甲斐がある。ただし部活のスケジュールと家が遠いため月2回だし結構時間が変わる。
 イギリスでは夕方一人で外出させたことはないので夜は送ってくださいというお願いがあり、本来はそんなもの塾で受けてはいないのだが、オイラが一講師で次の授業を入れてないので勝手に一緒に帰っている。日本では異常かもしれないけども、ヨーロッパでは親が送り迎えするのが当たり前。フランスで以前この光景を目にしていたため、くらぽーはお母さんのこの要求に違和感を感じなかった。
 また、くらぽー自身が結構送り迎えされていたので、母の考え方も至極道理的であったのだなと思った(まー昔は美少女?でしたから)彼女とは授業の時は余計な話をしないので、帰り道にする雑談が楽しいらしく、一緒に帰れることが嬉しいと書いてくれた。

 高3の子は。高校のクラスに馴染めず、高2の時に中学受験した学校から別の学校に編入した経緯があって、お母様もとても心配している。なので本人にメアド教えたらお母様からいろいろ相談のメールが来る(苦笑)学校が遠いし、そちらは進学校ではないので進路指導などがあてにならないのだろうか。
 本人には筋肉少女帯のCDを貸してあげ喜ばれたり、服の話を聞いたり、とても心を開いてくれるようになった。1年前からずっと見ているので一番古い生徒。最近かわいくなってきたなーと思っていたら、やっぱり彼氏ができていた。
 進学志望先はもうしっかり決まっているので、そちらに向かってがーっと行ってほしいが、うちの塾は単科なので国語以外のフォローはあまりできず、自分の高校の時の教材とかを貸してあげたりしている。でも一応、別の大手か中堅に入るようにしてもらうように道を作っている。本当は、受験が終わるまで責任持って見てあげたかった。

 先輩は、「子どもたちは、案外(別れも、新しい先生も)あっさり受け入れてくれるよ」と言うが、自分自身もう中途半端に仕事を切り上げるのはこれで3度目なことに、嫌気も差しているのだ。それが、全て自分の意志によるものではないから、尚更。

 最初は京都時代。次は、井戸で出会った子どもたち(Aちゃんももう高校生だ)。そして、東京。はっきり言って、東京の子にここまで懐かれるとは思っていなかったし、…嬉しい誤算なのかなんというか。あんだけ苦労して、やっと講師専任になれた矢先のことだというのもあるかもしれない。ここだけの話、今年年賀状を一番もらった講師だし。
 振り返って、自分が好きだった先生との別れもあった。中学時代の英語の先生は手紙にKeep in Touch(連絡してね)と書いてあったのにどうして返事を出さなかったのか後悔したし、今も理想の先生像として尊敬する小学校の塾の国語の先生の連絡先がわからない(同じ立場となって相談にのっていただきたかった)のも気がかりだし、こういうのがあるから残された子どもたちについて、一概に平気だろうとは言えないのではと思ってしまう。「みんなのうた」にもあったよね、「先生ほんま」って言う歌。子どもたちは想像以上にたくましいけど、想像以上にセンシティブだ。
 それに、上記のような方法でやっていた授業運営を、一体誰が引き継いでくれるというのだろう?

 以上をまとめて、東京での出会いはありがたかった。意外にも友達が多かったということに気づかされた。やがてはここで根を下ろすのも悪くはないかと思い始めていた。
 生徒たちに書いてもらったサイン帳。卒業式によく回されるあれだが、くらぽーは生徒情報管理ファイルだと思っていた。その子のことをよく知って仲良くなるために用意したものだ。決して、別れるために書いてもらったわけじゃない。生徒だってそうだ。
 さよならだけが人生なのかもしれないし、くらぽーが一つ処には長く居られない性質・宿命なのかもしれない。だけど、腹を括るにはもう少し時間が必要なのだ。


「くらぽー先生へ
 日本に帰って来て、もう3年にもなるのに、まだ全然国語が伸びてないと思うと不安です。特に読解ができないのが、とても心配です。毎日、漢字は必ず30分はやる、本は絶対に毎日読むということを続けられるように努力していきたいです。
 これから、たくさん質問をすると思いますが、よろしくお願いします!!絶体に伸したいです!!
 また、先生と一緒に帰れる事が嬉しいです。これからも本当によろしくお願いします!」(原文ママ)
posted by くらぽー at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

全治2週間

 らしいです。こないだの、スキーで傷めた左手…(汗)時々動かすと痛くなるので気になって先日病院行ってきました。
 骨には異常なかったけど、親指の周りの筋肉に損傷があり、それは軽いんだけど親指って結局すごい使うから治りにくいんだって…。
 しばらくはあんまり使わない方がいいらしい…ちょっと舐めてたよ><;
 自転車にも乗れない。左利きでも両利きでもないはずなんだけど意外と使ってしまう左手。これが利き手だったら本当に何もできないよなあ、と最近骨折したクイーン(左利き)を思う。

 まあスキー滑れるようになったしいっか!今年もう1回くらい行けばもう少しうまくなるかな…?
posted by くらぽー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

携帯遊び59

 基本は職場の先輩とお茶の相談。


続きを読む
posted by くらぽー at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

携帯遊び58

あ、これはもう普通に仕事のメールばっかりだ。


続きを読む
posted by くらぽー at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

たこ焼きパーティ@西新宿

に行って来ました。その前に、イタリア鍋パーティ?というのに友人のツテで呼ばれ、そこで知り合ったおねいさんと友人でたこ焼きの話で盛り上がったのです(みんな関西圏)。

 友人は結局来れなかったのですが、別の友人と自称「たこ焼きマイスター」なる人物を連れて来て、大いに盛り上がりました♪

 フランスの某機関にお勤めの方とも知り合い、先ほどのおねいさんとともに「可愛い」連呼されました(同性でも、年上だから?)。こんなの初めてです。さらになぜかフランスに行けばモテる(日本人だから)と言われて気を良くして帰ってきたくらぽーです。甘い言葉に弱そうなんだって。まあ自分からは言わないもんなー。

 というわけで、実は近々フランス行きが決まりそうなくらぽーです。新天地で新たな展開が…?くらぽー第2章、カミングスーン!www
posted by くらぽー at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。