2009年04月21日

黎明の豊饒『四万十川』(あつよしの夏)

 イメージをうまく言い表せないけど、思春期前の物心がつく幼少年時代を、人生の黎明期と捉えられないだろうかと思って。解説によれば、「きっと私たちは、思春期と呼ばれるあの一個の暗澹を通過することによって、それ以前の無数の生(注:リルケの言葉による、しかしここは「命」か「生命」の方が適切な訳ではないか)を忘れ去るように出来ているのであろう」とある。でも実際、くらぽーは思春期よりもそれ以前の小学校時代の方をよく思い出せる気がするのだが。


 昔、ベネッセの教材でこれが出た時、コロバシ漁の部分しかなくて、何が面白いのかちっともわからなかった。あの引用部分はひどかった、この物語のいい部分がちっとも引き出されてなかった点で。少年の瑞々しい成長の話、とは本当に一言で言いたくない、大切なものを思い出すための物語だ。

 猫が出てくるのも1つは大きいかも知れない。子猫の描写や、それに関わる篤義の家族の様子など、ここに描かれている「愛情(エフェクション)」がとてもいとおしい。特に、クラスでいじめられている少女の話題が出た時の、母親との会話がいいと思う。説教ではなく、子どもにちゃんと自分の意見を言わせているからだ。
 これも映画にはならないのだろうか、すぐ考えてしまう。この本を知らずに生きていくのは人間として恥ずかしいとさえ思う。

 兄の和夫の言葉が、ストレートにささる。
「おまえが、どうしたち(どうしても)、こうせにゃいけん思うがなら、そのとおりにやったほうががええ」
「何でも、入口がおおごと(大変)ながよ」
「今日堪えられたら、あしたも、あさっても堪えられるけん」
「喧嘩せにゃいけんときもあるがぞ。喧嘩せにゃいけんときやらんがは、優しいがじゃないがぞ」
「まけれん喧嘩は、何でもやれ!」

 最後の言葉を、とある集まりに彼の浮気相手も来る事を「(彼女が来ないと)他の人も淋しがるから」と言って自分が過呼吸になっても我慢していた女の子に捧げたい。守らなくてはならないものがある戦いは、正当化されるべきではないのか?勿論、話を国際問題にまで広げるつもりはないけどw


 以下はメモ。

続きを読む


posted by くらぽー at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井戸ご一行様上京。

 というほど大仰なことにはならなかったのですが、フランスに行くにあたり、両親とおぼしき人たちがやってきました。キングとクイーンは前回帰省して帰る時、見送りに来た駅のエスカレーターでキングが転び、その下敷きになったクイーン左手首骨折、なんて事態になったもんで自重したみたいです…。

 到着当日の晩は小学校の同級生(なぜか母が好き)と一緒に、泊まっている新橋のホテルに行って21階のラウンジでご飯を食べました。たこ焼きパーティで見た西新宿の15階以来の東京夜景です。全く彼女の存在がなくては今回の旅行も、それからオイラの東京生活も平穏には行かなかったでしょう。

 翌日は早速東京見物。父ぽーが神保町に行くというので、ここは黙って母を引き受けました。くらぽーが上京してしまってからというもの、井戸の厄介ごとを引き受けてくれた人です。少しくらい自由にさせてあげたかったのです。それができたのが今回は一番嬉しかった。
 井戸には実は「銀座デパート」なるものが昔あって、そこに行くことを「銀ブラ」と呼んでいたそうですが(苦笑)、どうせなら本場の銀ブラに行こうと母を連れて行きました。

 新橋の駅はバリアフリーではなかったらしく、歩き回って膝が痛いとか白内障だから眩しい(サングラス)とかでごちゃごちゃ言う人も、銀座にはなんだか文句言わずに楽しそうでした。くらぽーもその日は銀座だからと何やらぴらぴらした服を着て行き、何かの番組のファッションチェックにつかまったらどうしよう(←井戸の自意識過剰が全然抜けてない)とか思っていたけどそんな心配することはありませんでした。
 資生堂パーラーは混んでいて6番待ちだったのですが、ここでまた何か言われてはたまらんと思い、お店の人にどうにか言って椅子を1脚用意してもらいました。さりげなく気を遣えるようになったオイラ、また1つ大人になりました。というか病気の母を支える娘ってちょっと代理ミュンヒハウゼン症候群な感じ。アール・デコ調らしいお店の中はあんまり大したことなくて、まだイトシアの椿屋珈琲とか庭園美術館のが良かったなと思いましたが、食べたマンゴープリンはすごく元気が出る感じで美味しかった。

 それで、折角来たのだから何か買って帰ろうと主張する人に、ここで買っても高いだけなのになーと思ったけれどとりあえずついて行き、スカーフを買ってもらいました。本当はオレンジ系が欲しかったのだけど、買ってくれる人が不満げなので、どのみち買ってあげたい気持ちを満足させるための買い物だし、言う通りの物を買ってもらいました。本当に買いたい物は自分でぽんと買えるようになってやるから。

 夜は食事会で、食べ慣れない中華フルコースと気の遣いすぎからか、この水曜にもぶり返してた胃腸炎がまた帰りに出てしまいました(あの時は職場の先輩と食事しながら話してただけなんだけど、純粋文学系女子と話すのって気を遣うからな…)。


 結論。味方と思うな、思えば敵よ。敵は身内の中にあり。

続きを読む
posted by くらぽー at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。