2009年05月29日

今日の親子劇場。

  買い物の通りすがりに出会った、小学校3〜4年くらいの女の子と、その父親。

娘「とーちゃん、バーレリーって何?」
父「(ちょっとうざそうに黙っている)」
娘「バーレリ〜♪バーレラ〜♪バーレロ〜♪」

 そこで突然オイラの頭の中に、「ゆかっいっに〜あるっけっば〜ここっろっはっずっむ〜♪」という歌い出しが流れた。自転車漕ぎながら、バールデリ〜、バールデラ〜♪と口ずさみながら帰った。そういえば結局意味とか知らないままだな。バルデロッホッホッホッホ。


posted by くらぽー at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9.11後の世界「グラン・トリノ」

 偶然がいろいろ重なって観ることができた映画。

・有給の友人に昼食に誘われる
・レディースデーである
・共通の友人から聞いてた映画を思い出す


 これを観て、アメリカも捨てたもんじゃないな…と思った。9.11の後に撮る意味も。人種差別発言だらけの台詞なのに、それが友情を表す軽口だったり、身内(同じ民族)なのにわかりあえなかったり残虐な報復をしたり。目を、耳を疑うようなシーンの連続だったけど、それが真実の世界なのだと思った。話がどういう風に流れるのか最初は想像がつかなくて、ただ、隣人と打ち解けた時に、あーフラグ立ったと思ってしまった。
 
 イーストウッド、もうびっくりする(ターミネーターの骨格に似てる)くらい歳取って見えるけど、男の美学は古びません。ちょっとだけブロンソンの映画を思い出してしまったのは、同じ西部劇畑だからだろうか。

 減点1つは、ラストの音楽だね…。賞もらって自信がついたのはいいけど、歌じゃなくて良かったよね。しかも、最初から息子に歌ってもらった方が気にならないよね…。関係ないけど、「夜行の階段」も、藤木直人がエンディング歌ってるのがテンション下がる。

 また話がズレるけども、予告編で「お買い物中毒な私!」というコメディ?映画をやっていた。要するに、「私、精神病なんだ〜」って自己アピールしたいのかと。そんなんで幸せになれるのかと。まず“ビョウキな私”に喜んでるだろうと。ビョウキを、嬉しそうに言うな。てか、買い物依存ていうのだけで感情移入しろというのが間違い。こんな映画作るくらいなら、こないだ読んだ宮部みゆきの『火車』を映画で観てみたい。
 「幸せに、なりたかっただけなのに。」キャッチコピーはこれで。そうすれば買い物依存も減るかもしれませーん。

 その後、デパートへウィンドウショッピングに。まあたくさんあるもんだから、どれもこれも欲しくなるわけだよ…。だからあんまり近寄らないに越したこたないと思ったね。
posted by くらぽー at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

メタフィクションの世界?「冬の絵空」あと「容疑者Xの献身」(キャラメルBOX)

 TVの芸術劇場でやっていたもの。新感線の橋本さん・粟根さんにラーメンズの片桐さん、阿佐ヶ谷スパイダースの伊達さんが出演されていたので、うわーと思って録画もせずにそのまま観ちゃった(結果的に正解)。調べてみると生瀬勝久さんが出身という劇団「そとばこまち」は、なんと元は京大のサークルでした…!(ちなみに『名探偵コナン』の蘭役の人もここ出身)


 内容はというと、ちょっと不完全燃焼だなあ…橋本さん好きなんだけど、これはちょっとシリアスすぎてあんまり活かしきれてない感じがする。藤木直人が二枚目役だったせいで、いい人っていうか常識人の役だったために少し線が弱い感じ。
 作品の雰囲気はちょっとつかこうへいに似てる…?(といっても映画「幕末純情伝」しか知らない)忠臣蔵の意外な内幕を描こうとしているのだけどいまいち乗り切れない、そもそも理由がちょっと不可解。学生演劇ならまあ面白いけど、商業にするにはちょっと深みが足りない気がしました。それともオイラの頭がついていけないだけなのかなあ。もう少し、2人の大石内蔵助ってところに焦点当てるべきではなかったのかと。素顔の自分を愛されず、仮面の幻を愛された悲哀も、藤木直人の演技でヘナヘナに…(汗)客演なんだからそれこそ海老蔵とか染五郎に頼めばよかったのに。だから、ヒロスエといい藤木直人といい(以下略)

 結論→五右衛門ロック観に行こう、やっぱ。

 あと、先日は池袋にキャラメルBOX「容疑者Xの献身」を観に行きました。前回に続き、西川浩幸さん主演ですね。岡田達也さんのガリレオは似合ってるんだけど、あの人素の時とのギャップが激しすぎるよねー、モテるのはわかるけど。映画より以前に思いついたのかもしれませんが、一瞬映画がフラッシュバックする場面がありました。映画よりは原作に忠実なのかもしれませんが…でも松雪泰子がやってた役は、もうイメージがついていたのでちょっと納得できませんでした。特筆すべきは「相棒」の川原和久さんが出てたこと。追加公演も出てたので、やっぱ人気なんですねえ。川原さんの在籍する劇団ショーマはメタフィクション演劇なんだそうです。

 虚構の中で虚構を演じるという構造も、少しわくわくします。そういえば上の「冬の絵空」もメタフィクションなんだね。
posted by くらぽー at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1歳おめでとう。

 ボーイッシュで目が大きい童顔のさつきちは、人間で言うと堀北真希なんである。

 ちょっと大人っぽいやめきちは、すぐに思い浮かばなかったけど、香椎由宇なんかいいと思う。戸田恵梨香でもいいんだけど、目力的に。

箱入りさち.jpg美人あや.jpg


 ただそれだけ。親ばか〜。
posted by くらぽー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

そして陥落。

 やっと「コルダ2」Yルート陥落(攻略?)しました。といってもやさしいモードなんだけど…。

 それで、やっぱり気になったのは、途中で奴が行き帰りも車で迎えに来てくれる(ボンボンだから)ほどになるというのに、他の相手と2人っきりで練習したりデートしたりするのは如何なものか?ということでした。曲の完成度を上げたりアンサンブルの対立を和解させるためとはいえ(それだけじゃないけど)、特にY木が知ったら何をされるかわかったもんじゃありません(しかもああいう性格だから)www

 というより、他の相手と過ごしたことが全然ばれてないゲームの世界って、変な感じ…。というオイラは常に現実を仮想ながらプレーするのでどっぷり浸れない(苦笑


 でも友人と話していて、土が好きな友人は、旦那さんに「おれはYに似てるのに、なんでYじゃないんだ?」と訊かれたらしい…w逆にくらぽーは結婚するなら確実にYではなくO先輩だと言いました。まあHさんでもいいかもしれないけど…。
 だって、Yのしょってるものは重過ぎる。本当の愛を貫くなら、妻でなく愛人がいいな。一部の女性が悶絶するであろう「お前には、教育が必要だ」という台詞は、恐らく妻となるべき女性にふさわしいものを身につけてほしいという願いなのだろうけど、現実問題そこまでうまくいくのか…?
 本当に大切なら、彼女が潰れないように、自由にさせてあげるのも愛情ではなかろうか?まあ主人公のタフさ(そうでなければYとはつきあえない)を評価しているのかもしれないけど。


 ここまで考えなくても、どうでもいいけどさ。たぶん、くらぽーはYが好きなんじゃなくて、奴に自己投影してるんじゃないかという気がする。あそこまで表裏はないけど。一方、友人から聞いた話では男性陣には一番人気なのがY木(女性では月、火さんの次で3位)なんだそうだ。意外。逆に一番人気の月氏は男性受けが悪いらしい。まあ、男性向けゲームの一番ヒロインも、いかにも同性受け悪いタイプだから無理もないよね…w
posted by くらぽー at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

一応観たんですけど…「おくりびと」

 この忙しい最中に、ギンレイホールでやっていたので行ってきちゃいました。
 山形の、レトロな建物とチェロの音と、死という問題。作品世界はとても完成度高かった。納棺という静謐で厳かな儀式に、美しさを感じた。モックンのややオーバーリアクションが気になる以外は…広末涼子にぶち壊されたことくらいwww
 よくあれでアカデミー賞がもらえたなあと。ヒロスエはヒロスエにしか見えない…もうあの鼻にかかった高い声のトーンとか、年齢差とか、なんでこの人がこの映画のヒロインなんだ?と疑問ばっかりで話に集中できない。年齢的・演技的にも麻生久美子ならぴったりだったのに…。ネームバリューの違いなのか?(リュック・ベッソンも使ってたわけだし)でも…実に勿体なかった。存在感?ヒロスエである必要性は全く感じられなかった。


 そして、同じ意見の人がいないかなあと思って探したらやっぱりいた!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223601462
http://ameblo.jp/petitlight/entry-10150747759.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223675707


 映画も産業だから、ビジネスだからより多くに観てもらうためには仕方なかったのかもしれないね。っていうとやっぱり実力だけではない格差が存在するんだろうなー。

 フォローのために。「GOEMON」の予告で観たヒロスエは、可愛かったんだよ。一児の母とは思えないくらい。お姫様とか、ああいう役のが似合ってる。もうちょっと演技の幅を広げてから、世界に挑戦してほしいもんです。ちなみに、『ぼくの地球を守って』の亜梨子のイメージにもぴったりな気がしてます。あ、でも歌は吹替えなきゃね(汗)



 おまけ。「大阪ハムレット」というのも一緒に観た。体調不良で途中で抜けてしまったけど、かなり面白かった!ハムレットは3人兄弟、それぞれの悩みがあるんだけれど舞台を変えただけでこんなに笑えてしまうとは。これから研究しようと思ってる「悲喜劇」というジャンルについて、いいサンプルになった。よく見るとすっごい悲劇でさえ、それをどうにかして笑い飛ばしてしまおうという大阪パワー、見習いたいものである。
posted by くらぽー at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

携帯遊び64

 多分花見に行った頃。

続きを読む
posted by くらぽー at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ぷち送別会の日々。

 フランスに行くことが決まってから、結構みなさん送別会を開いてくれます。くらぽーはあんまり顔が広いわけでもなくつきあいが結構点在しているので小さいのが頻発しております。

 そんな中、カラオケにも行って来ました。結構アニソンなラインナップ(てゆかタイアップ?)。


唄った曲(たぶん順番)

雨上がり アスファルト 新しい靴で(もはや定番)
タイムボッカーン
Beautiful World
今宵、月が見えずとも(お初!)
Tokyo Happy Girl(これは十八番)
ORION
茨の海
JOY(これも十八番w)



 あとねー、こないだ行ったやつ(@浜松町)備忘録。

みっくみくにしてあげる
くのいち
ハミングが聞こえる
桜の時
気まぐれロマンティック
resonance

 …あれー、あとは千里ちゃんに聞かないとだ…。上のとかぶってるのもあるか。


 「ひとりたび」と「忘れ物の森」と「はつ恋」くらい歌いたかったかも。あ、あと「透明人間」も最近お気に入り。どんどん新曲がわからなくなってるけど、渡仏したらさらにわかんなくなりそう…。
posted by くらぽー at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

今日の一首

「異国(とつくに)の 少年ら唄う“ふるさと”は 歌の中にのみぞ 残れる」

「異国(とつくに)の 少年ら唄う“ふるさと”は この国にははや 滅びゆくなむ」



 予告どおりウィーン少年合唱団聴いてきました。でも時間ぎりぎりだったから遠くから声が聴けるだけでした…。今日もNHKに出てたのにもう終わったと思って他のチャンネルにしてる間だったらしい。
 でも「ふるさと」を歌われた日には、本当に恥ずかしい気持ちになります。そんな場所もう日本には残ってないんじゃないかとか、どちらかというとアルプスとかそんなイメージになります。
posted by くらぽー at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

今日の一首

「『ゲルニカ』を 背にして なおも謳い続ける バッハの調べ 春の午後」



 昨日、丸の内の「La Folle Journee」に行ってきました。去年友人がいいと言っていたのと、今年はバッハ特集だったので。題材の演奏はオアゾの中のピアノとヴァイオリンの協奏曲でした。「背にして」というのは実際の演奏だけでなく、ゲルニカの時代を超えて、現代に生き続けるバッハの音楽、ということを言いたかったのだけど伝わるかな。
 国際フォーラムの中でやっていたミュージックキオスクというのも面白かった。
 最終日にはウィーン少年合唱団も来るらしい。また行って来ようかな♪
posted by くらぽー at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。