2009年05月04日

今日の一首

「『ゲルニカ』を 背にして なおも謳い続ける バッハの調べ 春の午後」



 昨日、丸の内の「La Folle Journee」に行ってきました。去年友人がいいと言っていたのと、今年はバッハ特集だったので。題材の演奏はオアゾの中のピアノとヴァイオリンの協奏曲でした。「背にして」というのは実際の演奏だけでなく、ゲルニカの時代を超えて、現代に生き続けるバッハの音楽、ということを言いたかったのだけど伝わるかな。
 国際フォーラムの中でやっていたミュージックキオスクというのも面白かった。
 最終日にはウィーン少年合唱団も来るらしい。また行って来ようかな♪


posted by くらぽー at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。