2010年04月21日

男と女の間には「人形の家」

「青空文庫」に入ってました。

 なんだかノラが知ってる人妻にすごくに重なって(世間知らずで短慮な性格とかも)しまって…というか、普遍的な夫婦(男女)のすれ違いがリアルにあぶり出された作品だと思った。
 「新しい女性」ノラの登場はフェミニズムの台頭に一役買ったようですが、この作品が最初に世に出た時から数えて(1879年!)も、現代のガラパゴスである日本ではなんとも古びないテーマ。(要するに根本はあまり何も変わってないってことか?)この二人が本当に夫婦となれる「奇跡」は起こるのか…。

 もはや古典でもあるようだけど、現代のドイツの劇団や宮沢りえの舞台でも記憶に新しいところです。(でも観てない)

 あと、読んでいて感心したのは、登場人物すべてに二面性があったというとこでした。ノラと夫ヘルマー、友人クリスチナ・リンデン、ヘルマーの友人ランク医師、クログスタット(とリンデン)、多分それぞれ1対1の会話があるから複雑な関係性も出てくるのだろうけど。
 夫婦でも、今まで知らなかった一面を見てしまうと、あーもうアウトだなって感じになったりね。
 ノラの隠し事(それを密かな自慢にしているノラもどうかと思うが)を知った時の夫の言動と、大事が収まるとわかった時の変貌ぶり(というか本性?)にはノラでなくてもああ?となるばかりです。

 幻想で成り立つ夫婦は、脆いね。


 以下は軽くネタバレ☆



続きを読む


posted by くらぽー at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。