2009年04月14日

1年目の手紙。

 こゆのがあるそうです。↓
http://tegami.hanihoh.com/

 結構当たってるような気がした。こわいなー。


今日で付き合って1年。あっという間だったね。
ということで、今日ぐらいは真面目に手紙でも書こうかと思った次第です。おれにしては珍しい試みだけど。

さて、何から書こうかな。
あー、前から思ってたんだけどさ、道端で猫とか見つけるたびに「あ、猫だ」とか言うのやめてくれない?(笑)言われなくても分かってるし。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか…。この話はナシ(笑)。

そうそう、最近思うんだけど、くらぽってすぐ泣くよね。この一年間で何回泣かせたか分からないし…。
べつに泣くのが悪いとは言わないけど(おれも泣かせる原因を作っているんだろうし)、泣いてるときも何で泣いているのかよく分からないし、泣くまで何を我慢しているのか言わないよね。もう少し溜め込まないで、言いたいことあれば言ってほしいんだけど。

ぶっちゃけ、ここのところ、あまり一緒にいても楽しくないよね。それはくらぽも感じていると思う。いつもくらぽの顔が不満そうだしね。
寂しいのは分かる。十分にかまってやれていないとも思う。だけどさ、一つ聞きたいんだ。寂しいのはおれのせいなのか、おれがいるから寂しさが増えてるのか、って。いるのといないの、どっちがいいんだって。
おれはおれなりにくらぽを理解しようとしているし、正直もっと感謝されたいし認められたいんだよ。それは分かってほしい。

あー、おれってほんと悪い方向にばっかり話を進めるなぁ。
記念日だしもっと前向きなことを書くようにするよ。話を変えよう。

いろいろと書いたけど、これでも、おれはくらぽのことを好きだし感謝しているんだよ。
言ってることがよく分からなくて理解できないところはいまだにあるけど、いろいろ我慢しつつおれについてきてくれたのは、有難いと思ってる。おれのことを思ってくれているからこそだと思うし、くらぽがいたから一年間が充実したものになったと思う。

くらぽが言っていた「殴られても浮気されても絶対に別れたくない」っていうセリフをおれは今もよく覚えているから(忘れられないけど…笑)、これからもできるかぎり傷つけないようにして一緒に歩んでいこうと思うよ。少し悲壮感を緩めてほしい気もするけどね(笑)。

これからもたくさんの壁に当たると思うけど、一つ一つ乗り越えていこう。あ、あと、友達に「彼氏はものまねレパートリーが数百種類ある」とか吹くのはやめてくれ(苦笑)。おれ、カイヤの真似しかできないだろ。

では、これからも末永くよろしく。くらぽがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.くらぽってヒール履くより竹馬に乗ったほうが安定してるよね。」

 殴られたら別れるけどあとは当たってそうだよね(苦笑



 以下は分析までされてる。

【こんな問題ありませんか?】
◆とにかく寂しい。
◆寂しさを分かってくれない人と付き合いやすい。そして疲れる。
◆安心を求めると飽きる。

【分析と課題】
寂しさとの戦い、それが今のくらぽさんにとって主要テーマではないでしょうか。恋愛に求めるのも「寂しさを埋める」ことがメインになるように思われます。

しかし寂しさを埋めてくれる人と付き合うと、どうもドキドキがなくなって、大切な人なのになんとなく退屈になって、他の人に目を向けたくなるかもしれません。くらぽさんは、自分の寂しさを埋めてくれる人を、「男」というよりは「父親」のように感じてしまうか「友人」のように感じてしまうのです。するとだんだんと相手に対し性的魅力を失っていくようになります。

くらぽさんが直感的に惹かれる人は、くらぽさんの寂しさへの理解があまりなく、くらぽさんを振り回します。そのような男性はくらぽさんにとって魅力的であり続けると思われますが、くらぽさんは泣かされることが増えますし、疲れ果てるかもしれません。くらぽさんは引っ張ってもらいたいと思っているのですが、しかし得てしてそういう男性は、女性の気持ちが分かっていない自分勝手な男性であることが多いのです。

理想的なのは、引っ張っていってくれるが大きく構えて見守ってくれている人、デレデレに甘いのではなく「ついておいで。いざというときは守ってあげるから」というスタンスの男性でしょう。しかし、いわばそのような男性は完成品。その前にくらぽさんの成長(寂しさに追われる恋愛からの脱出)が求められているとも言えるでしょう。

【恋愛キーワード】
「柔軟」「疑い深い」「思いやり不足」「追う側」

【最後に】
くらぽさんは、もはや振り回される恋愛に疲れきっていたり、なかなか勇気の出ない自分に情けなさを感じているかもしれません。なぜ男性が冷たくなっていくのか、なぜ自分ばかりが一生懸命なのか、どうすれば恋愛はうまくいくのか、「?」でいっぱいかもしれません。傷の深さによっては「男なんて」と言いたくなるかもしれません。

そういう状態になると「いかにイイ男を探すか」に力を注いでしまい、より恋愛対象が狭まる現象が起きるかもしれません。それはそれでいいのですが、自分以外の「外」の改善を求めるならば、同時に「内」の成長も必要ではないでしょうか。くらぽさんが男性を理解して余裕を持ち、そして男性のいいところを引き出せれば、完成品の男性を探す必要はないのです。」

 「引っ張っていってくれるが大きく構えて見守ってくれている人」…フランスで探そうかなぁ。あ、探しちゃダメなのか!


posted by くらぽー at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。