2009年06月02日

深きがゆえに、水に流して。「陥人どぽんど2006」

 やっつけ仕事的に撮り溜めした演劇ばっかり観ています@二日目〜。奇しくも「オセロー」に続きシェークスピアの、これはパスティーシュというのか、翻案?そういえば野田秀樹もそんなのやってたような。

 「ヴェニスの商人」?と思っていたら魔女が出てきて雲行きが怪しくなり、ダンカン王が殺され眠りも殺され(マクベス?)と思っていたらオセローがいて、さらに生き別れの双子の話(十二夜?)で不思議な話になっていました。もうちょっと滅茶苦茶な感じで、でも最後の魔女の話でホロリ。ヴェニスが海に孕ませた蛭子のような怪物が、血が流れた時やっと人間に生まれることができるというのも。あのクライマックスだけで許せる感じがしてしまう。終わり方は少しわかりにくかったけど…。



「救われたい?」「誰よりも、罪深きがゆえに」

「娼婦の性でね。拒む事を知らないの。だから私は全てを赦してきた」




 珍しく18禁の話になりそうなので未成年はここまでにしといてください。


 「どぽんど」からは少し離れて、海=女(娼婦)という哀しいイメージについて。以前、『パイレーツオブカリビアン・デッドマンズチェスト』を観た時、ピンと来てしまったのは、ジョーンズ船長の愛した、そして憎んだ女の話。くらぽーはその女があの怪物クラーケンなのだと考えている。海に似た性格の女を、ジョーンズは愛憎ゆえにクラーケンに変えてしまったのだとは言えないだろうか。クラーケンが姿を見せた時、あんなにまで女性の一部分に似た生々しい映像を、子どもに見せてしまっていいのだろうかと思ってしまった。よくわからない人は、イカの口の画像でも見てみればいい。あの映像は、「クラーケン=女(=海)」を暗示していると言われてもおかしくない。
 wikipediaによれば、「ジョーンズは昔、海の女神カリプソに恋をしていた。しかしカリプソはジョーンズを愛していなかった為ジョーンズは失恋し、恋の苦しみに耐えられず自分の心臓を抉り出して、宝箱に納めた。その後彼はカリプソから死んだ人間を天国へ送るという使命を命じられた。しかしその使命を拒んだためにおぞましい深海生物の姿に変えられてしまった。」とあるが、「クラーケン=女=海」なのだとしたら、カリプソの本性こそクラーケンなのでは?と穿ちたくもなる。こちらは「どぽんど」の、誰でも受け入れ、何でも赦してしまう受動的なイメージとは違って、もっと獰猛で冷たい、手に負えないイメージか。そしてあのクラーケンは、それゆえにずっとジョーンズに憎まれ、愛されているのだ。

「オペラ座の怪人」といい、歪んだ解釈多くてスミマセン…。


posted by くらぽー at 21:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

野田秀樹
Excerpt: サントリーの伊右衛門のCM,野田秀樹さんがお客様の「氷ダシ」云々の現在放送中のに...
Weblog: きよしの出来事
Tracked: 2009-06-04 19:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。