2009年10月09日

語学学校の話。

 9月から、いきなり語学学校が始まりました。
バカンス中にフランス語の勉強を一切やってないことを悔やむくらぽー…。しかも忘れていたのは、一緒に勉強するのは空気読む日本人じゃない、発言大好きな西洋人だってこと!

 大学で専攻までしてたんだから、てかこっちの大学行くならレベルは高い方がと乗り込んだ上級クラスで。日本語でさえオーラルコミュニケーションが苦手なのに、さっきまで日本語で考えてたらもう頭のチャンネルがこんがらがってげっそり。
こないだホテルでチェックアウトした時に忘れ物して鍵をもういちど出してもらう交渉ができたからって、ちょっと上級クラスを舐めていた。今までいかに自分がぬるいレベルで話してたか思い知らされたよ…。ていうか上級クラスには、「あんたもうここ来る必要ないじゃろ?」ってなデキる人ばかりで、「私は貝になりたい」!状態。
 語彙レベルとしたら中級どころか初級だったりするのでは?と思いディクテーションのテスト結果を先生に見せて訊いてみた。
「このクラスでもやっていけると思うよ、これから進歩するから」
のようなことを先生は言ってた気がするけど、フランス人の安請け合いは経験上宛てにならない。それに、ならオイラのすぐ後に一番できる子を当ててくれるなよ…。
 とりあえず今週は中級にも行って良いことに。中級は先生がベテラン(多分校長先生)で、ご自宅の一室を教室にしてあるのでアットホームな雰囲気、生徒さんも社会人で考えながらゆっくり話すし人の発言も熱心に聞いてくれる。まだ文法は初期段階だけど、あるテーマでディスカッションというか文化交流っぽいこともできる。比べて上級は表現のブラッシュアップ(語彙や慣用句、要約など)が主で、オーペアで来てる10代の子が多い。

 あと、中級では自己紹介が2回目なので噛まずに長く話せた。短歌や着物の話を上級クラスでも出来たら少しは違ってたのかな…。というわけで中級クラスに変更。
 ええ、自分に甘いと言われても、来るなり体調崩してやっぱり打たれ弱いと自覚したので、アウェーではなるべく心理的負担を減らす方向でいきます。
 でも、ちょっとスケジュールがハード。日本人会の合唱サークルの練習と同じ曜日で、パリに昼頃出て夕方5時に出て6時半〜9時前に終わる。そこから電車(20分おき)を待ってバスを待って家まで徒歩10分。夜の帰り道はちょっと怖いかも。あと暖房が「寒くなるまで」つかない!もう9℃とか寒いですけど!風邪気味の時期にはちょっとつらい…。


posted by くらぽー at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。