2010年01月19日

日本語教室お手伝い。

 ご近所(といってもRER沿線という距離)で日本語教師をされているマイミクさんのお宅で、子ども日本語教室のお手伝いをすることになりました!

 子どもたちは幼稚園年長〜2年生の日仏家庭や日本人駐在家庭の子3人でした。日本では小1までしか教えたことなくて(しかも個別だし)、正直ちょっと不安でした。

 でも、園長先生(あれ?幼稚園ではないか)があまり肩肘張らずに楽しく学習できればと任せてくださったので、1時間弱程度、女の子が多かったしなんとか頑張りました。
 初日はお正月直後だったので、かるたをしました。
 お母さんが日本人の子どもたちなので、ひらがなは一応読める。 でもまだ書くのはやっと…だったので、まずはかるた取りで遊んでから、自己紹介かるたと女の子たちが好きなディズニープリンセスでかるたを作ってみることにしました。(もうちょっとかるた取りの時間を減らせば良かったな〜と反省)
 昔某恵○寿の英語教室では小学生3人まで見たことあったのですが、やはり兄弟や友達同士だとどうしてもおしゃべり(下手すると喧嘩…)しちゃうんですよね 。でも工作は、やはり手を使うので集中して楽しんでくれたみたいです。

 その次の週は福笑いをしました。目や耳や口などの部分も覚えられるということで。あと、子どもを落ち着かせるために「ぱくぱく」のおみくじを作りました。お正月に関係する物(凧あげ・かがみもちなど)から中の選択肢を選び、広げるとおみくじの結果になるものです。でも、フランス育ちの子どもたちには大吉・小吉…といわれてもピンと来ず…。



 次回は、どういうことをしようか今模索中です。1月の行事って他に何かあったかなー。次は折り紙なんかもどうかなと思いました。

・1月の花の名前を練習して、それで折ってみる
(絵本「スノーマン」と合わせて雪だるまとか雪うさぎもいいかも。
 でもクリスマスの話だ)
・まだお正月気分で干支のトラとかやっこ凧
・絵馬のイラストに今年の目標一つを書いてもらう

 今のとこ出てるアイディアがこんなもん。

 エシャンジュ先のLちゃんにも文法的なことを聞かれてまだうまく説明できないので、(フランス語の問題もある)もうちょっと日本で勉強しとけば良かったなーと思いました。来年もどこ行くかわからないし、日本語教師の資格を取る、というのも一つの目標にしよう。ただ行った先で日本語勉強したい人がいるかは謎…。


posted by くらぽー at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。