2010年01月30日

ルーブルの記憶。

 何か書き忘れてるなーと思ったら、ルーブル美術館に行ったことを書いてませんでした。第1日曜は無料開放なので行ってみたのです。約7年ぶり。
 ものすごい長蛇の列をすりぬけて、ライオン口からすんなり入れた。(地球の○き方にも載ってる技なのに、みんなガイドブックをもっと活用しようよ…)
 モナリザは相変わらずの愛されっぷりだったけれども、それよりもくらぽーはニケ(勝利の女神)に会いたかった。なんでみんなルーブルの彫刻と言えばヴィーナスばっかり言うのかな。ニケのがかっこいいし、あの配置も素敵なのに。
 ニケと二人っきりになってみたい。
 腕も頭も失くして、片翼になって、それでも堂々としてるニケ。

 あとは、「オダリスク」(あやめがよくこんな恰好してるので)と 「メデュース号の遭難」「民衆を導く自由の女神」あたりを見てエジプト展示へ行ってさっさと引き上げてきました。だって空港みたいに人が多いんだもん!

 冬のパリもそこそこいいもんだぜ。あとクリスマス市も楽しかったな〜♪


posted by くらぽー at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。