2008年05月23日

今週の反省点。

・ ラベル貼りをとにかく片付けなきゃと思って、集団授業(先週から)の時間を忘れた
・ プリント類とか準備不足(前日なんか残ってたくせに…)
・ 漢字のプリントをすぐ添削に回さなかった
・ 音読と語句の説明に時間を取りすぎ、読書ノートが急ぎ足になってしまった
   (しかも宿題に)
・ あとで集団授業の仕方を注意?された時、説明受けてなかったとプチ切れしてしまった
・ それ以前に、これからしばらく集団を担当するのかということとともに
   授業の仕方について自分から説明を求めておくべきだった


 不器用なので事務の作業中からいきなり授業に切り替えるのが苦手…。自分の希望の所とは違うところに就職したり、希望の所に就職できても希望の部署に配属されなかったり、そういうことは働くならばよくあることなので、仕方ないことなのかもしれませんが…。


 と、反省してみたとしても。
 やっぱりちょっと職場での扱いが微妙だ。(以下読み辛かったらゴメンなさい)

 そもそも講師・添削希望で入ったのに、「しばらく生徒が新しい人が増えないしそれじゃ多分お給料にならないから、事務も手が足りないし」というので添削なんかの研修もそこそこに事務に入ってほしいと言われた。また新しい所探すのも面倒だったので承知する。でも、生徒が増えたらそのうちそっちに行けるもんだと思ってた。

 ところが、蓋を開ければ全然事務から抜け出せない。これは不本意だ。しかも、講習にしても通常授業にしても、「事務の仕事に穴が空くから」という理由で生徒数を制限される。しかも校舎も近い新宿の方がもともと希望だったのに、事務は本部にしかなく、「向こうでできる事務ないでしょ〜」とスルーされる。あと、1時からというのは一応社会人だからというのは仕方ないと。(これぐらい起きろよ)
 でも、ここまでならまだ我慢のしようがあった。

 バイトの学生の子(事務で応募)が就職決まって来れる時間が増えた途端にその子に昼間は添削をやってもらうことになるとか、どういうことなんだと頭が混乱し始めた。昼間から来てるオイラは…?しかも、その子のテスト結果と比べてこっちの結果が劣ってたとは客観的にも思えないんだけど。多分自分で思っているよりもプライドが高いのだろうか。
 だから、そういうことが積もり積もって、また何の説明もなくいきなり集団授業任されるってことでプチ切れしちゃったんだよね…TT
 で、そういうことを言ってくる先輩(決めてるのはしゃちょーだと言い張るがどう見ても裏ボス、でも人を振り回すタイプの天然)が、どうも自分も講師・添削希望だったのにやっぱり事務畑任されてるもんだから、同じく学生でもないオイラを事務にいさせようとしているくさい。だって、春に辞めた人の生徒を引き継ぐことになっていたのもいつのまにか正社員に代わっているし(2回くらいあった、しかも『いつもいるからわかってくれてるもんだと思った』だって)、今度もう1人社員さんが退職することになったというのにその辺のことで別にくらぽーに回す仕事もない。全く新しい所から正社員来た。

 すごいわがままな要求をしているのかもしれない。働き甲斐と時間と体力の微妙なバランス。だけど、事務でずっといると中の人間関係もストレス(だから講師とかがいいと思ったのに)なので体にダイレクトに症状が出る(主に発熱)。だから事務を要求される限り、扶養を盾に時給が上がれば時間はどんどん減らしている。新宿での授業が振ってもらえたら増やせるし、講師にスライドってのもありかなと思う。夏まで待つしかないのかな。3年は我慢しなきゃというけども来年もずっといるかわからないし、当分は時給1200円のラベル貼りに甘んじるのかな…。


posted by くらぽー at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。