2010年07月27日

オランジュリー美術館

先日、パリに来ていた友人に誘われて、行ってきました。
家に居ると泣いてばかりになってしまうので、
ちびこを留守番させてしまうけれど
とっても気分転換になった。ヌノシちゃん感謝。

睡蓮の間で、本当にぼーっとして、柳の枝をさらさら鳴らす風の音と
軽やかな水音を聴いてしまいました…。
近くに寄るとゲシュタルト崩壊してしまうのに、
離れて眺めるとこんなに美しい絵になるって不思議。

特別展ではパウル・クレー展をしていました。
京都でも印象派展を昔見に行ったけど、
その頃は抽象画がほんとにわからなくて…。
でもなんか今回は初めて「抽象」の意味を、
そのフォルムというか線の流れから僅かに感じ取ることができた、ような気がした。
あと、なんだか色の置き方がPCのbitみたいなのもあっておもしろかった。



ショップでは特に睡蓮の絵は本物の迫力や色彩に負けてしまうと思ったので
モネ関係の子ども向けのフランス語本を買ってみようと思ったら
それはふと目に止まったものでした。
ロワールの城のいくつかの庭園で、探しても見つからなかった花。

ゴッホの描いたあやめIrisのスカーフでした。
http://hikosaka.blog.so-net.ne.jp/2009-04-30-1
(買ったのは上から2枚目の絵)
これは地面に咲いているのでショウブや杜若ではなくアヤメなのだそう。
ゴッホの療養所があったサンレミには去年行かなかったけど、
来年は見に行きたいな。

また、もう一つは、ルノワールの猫を抱いた少女の絵(のノート)。
その猫があやめによく似た三毛ちゃんだった。
http://stephan.mods.jp/kabegami/kako/Julie.html
こんな風に天国でもいろんな人に可愛がってもらえてたらいいな。

というわけで滅多にしない(?)衝動買い。
でも全然後悔しない。


posted by くらぽー at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「シュレディンガーの猫」の応用(らしきもの)

隣の部屋から猫の鳴き声がする

うちの猫はあやめとさつき(2択)

実際に見てみるまでは隣にいるのがあやめかさつきかわからない

1/2の確率で部屋で鳴いてるのはあやめ
(鳴いているのはもしかしたらあやめかもしれない)


(さつきバージョン)
寝ていると背中にぴったりくっついてくるやつがいる

うちにいて一緒にのんびり寝てられるのは"あや"と"まま"(2択)

振り向いてみるまでは"あや"か"まま"かわからない

1/2の確率でくっついてきたのは"あや"
(くっついてきたのはもしかしたら"あや"かもしれない)


姿が見えなくてもそういう遊びをしています…。





続きを読む
posted by くらぽー at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

かけあし的に。

5月 トルコ行った。
6月 日本帰った(友人の結婚式他)
   あやめが死んだ。まだ2歳だった。
   さつきのためにはまだ死ねない。
   でも内心責めてばっかりいる。
7月 ロワールに行った。
←今ここ
8月 引越・ギリシャ
posted by くらぽー at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ルーブルの記憶。

 何か書き忘れてるなーと思ったら、ルーブル美術館に行ったことを書いてませんでした。第1日曜は無料開放なので行ってみたのです。約7年ぶり。
 ものすごい長蛇の列をすりぬけて、ライオン口からすんなり入れた。(地球の○き方にも載ってる技なのに、みんなガイドブックをもっと活用しようよ…)
 モナリザは相変わらずの愛されっぷりだったけれども、それよりもくらぽーはニケ(勝利の女神)に会いたかった。なんでみんなルーブルの彫刻と言えばヴィーナスばっかり言うのかな。ニケのがかっこいいし、あの配置も素敵なのに。
 ニケと二人っきりになってみたい。
 腕も頭も失くして、片翼になって、それでも堂々としてるニケ。

 あとは、「オダリスク」(あやめがよくこんな恰好してるので)と 「メデュース号の遭難」「民衆を導く自由の女神」あたりを見てエジプト展示へ行ってさっさと引き上げてきました。だって空港みたいに人が多いんだもん!

 冬のパリもそこそこいいもんだぜ。あとクリスマス市も楽しかったな〜♪
posted by くらぽー at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

もう一つの悩み。

最近笑うべきところじゃないところで笑ってしまう癖に2パターンあることに気づいた、というかどうも顕著になってきた。


まず、困ったり心配な時にヘラヘラっとしてしまう。
これは周りの人を不快にさせてないかと不安になる。
または、困ってるのにあんまり真剣なことじゃないのだと誤解されてしまう。
で、あんなに深いことまで考えてたんですかー、意外、とか言われる…。

さらに、感情が昂った時(緊張や怒り)に限って可笑しく感じてくる。
怒りだす代わりに笑いだしてしまう。
爆発、という意味では近いのかもしれないけど、これもやっぱり正しい感情表現ではない気がする。
沸点が低いから笑いに変わってしまうのだろうか。

深層心理的には重い奴だと思われたくないってのがあるのかも。
コミュニケーション能力は大丈夫なのか自分。
別に他人はそこまで見てないって思えればいいんだけど。
posted by くらぽー at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また進退について悩む。

海外で無職なうちに、くらぽーも通信で勉強しようかなと思い始めたけど、日本語教師ってやっぱり大変そうだ。
特に性格からして、初対面の人ともすぐに仲良くなれるタイプが望ましいそうで…。ちょっと厳しいかもしれない(汗)
昔取らなかった国語の教免の残り単位だけでも集めておこうかなとか、 まだ社会福祉士とかのが合ってるんじゃないかとかちょっと迷ってる…。

というのも、なんとなく、先日見たニュースが大きいかも。
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺
(読売新聞 - 01月20日 11:37)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1393412461&owner_id=10428894

さて、まず自殺はいけないのかどうかは置いといて、
今回気になったのは、どうして5時間もかけて救えなかったのか?ということ。
説得に関わった方たちを叩くつもりはないですが、がんの緩和ケアができていないという状況を踏まえていればもっと他のアプローチもあっておかしくないのでは、と。
そりゃ、誰だって自殺を思いとどまらせるように説得するのはなかなか簡単じゃない。プロのカウンセラーだって、部屋で自殺念慮のある人の話を聞いてとりあえず今日はやめようとか、別のことを考えるように 気持ちを逸らすのは得意でしょうけども。
で、今回は自殺から救うことについて、そういうソフト面ではなくてハード面から考えたかったのです。

経済的な理由でケアが受けられなかったとしたら、まずそこを援助するなどの具体的に話をしないと命がどうとか言っても全く生きる希望にはなりません。(あと、崖下にボート待機させてなかったのか?と…。 )

結局死を選んでしまったのは、 ハード面で彼を援助する制度がない、このどうしようもない現実があったからではないのかと。

ちょっと前も、日本は年金払えなかった高齢者を生活保護で養ってるけど、基本的人権を尊重するためにそれを切れなくて(死ねと言うようなものだから)本当に生活保護が必要な人の分が足りなくなってる、という話が内輪で出たばかりだから、なんだかまたやりきれなくなってしまいました…。

生活費ではカバーできない、その日を苦しまず生きる緩和ケアのために、いったい誰がどのくらいのお金を用意しているのだろうか。

で一方、カウンセラーではないけれど、生きにくさを抱える人の生活をハードでもサポートする仕事が気になり始めたのです。介護に近い気もするけど、実際オイラは体力ないんでね…。病院に勤めたらすぐに風邪だのなんだのもらってくるのは間違いないだろうし。(インフルの医療従事者優先は医者と看護師のみだし)

でもほんとに、人の好き嫌い=合う合わないが激しいオイラには、そもそも人と関わる仕事って(一見さんのサービス業ならともかく)向いてるのかもわからない。子どもが一番なのかなあ。子どもはコンプレックス感じなくていいからね。
posted by くらぽー at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

日本語教室お手伝い。

 ご近所(といってもRER沿線という距離)で日本語教師をされているマイミクさんのお宅で、子ども日本語教室のお手伝いをすることになりました!

 子どもたちは幼稚園年長〜2年生の日仏家庭や日本人駐在家庭の子3人でした。日本では小1までしか教えたことなくて(しかも個別だし)、正直ちょっと不安でした。

 でも、園長先生(あれ?幼稚園ではないか)があまり肩肘張らずに楽しく学習できればと任せてくださったので、1時間弱程度、女の子が多かったしなんとか頑張りました。
 初日はお正月直後だったので、かるたをしました。
 お母さんが日本人の子どもたちなので、ひらがなは一応読める。 でもまだ書くのはやっと…だったので、まずはかるた取りで遊んでから、自己紹介かるたと女の子たちが好きなディズニープリンセスでかるたを作ってみることにしました。(もうちょっとかるた取りの時間を減らせば良かったな〜と反省)
 昔某恵○寿の英語教室では小学生3人まで見たことあったのですが、やはり兄弟や友達同士だとどうしてもおしゃべり(下手すると喧嘩…)しちゃうんですよね 。でも工作は、やはり手を使うので集中して楽しんでくれたみたいです。

 その次の週は福笑いをしました。目や耳や口などの部分も覚えられるということで。あと、子どもを落ち着かせるために「ぱくぱく」のおみくじを作りました。お正月に関係する物(凧あげ・かがみもちなど)から中の選択肢を選び、広げるとおみくじの結果になるものです。でも、フランス育ちの子どもたちには大吉・小吉…といわれてもピンと来ず…。



 次回は、どういうことをしようか今模索中です。1月の行事って他に何かあったかなー。次は折り紙なんかもどうかなと思いました。

・1月の花の名前を練習して、それで折ってみる
(絵本「スノーマン」と合わせて雪だるまとか雪うさぎもいいかも。
 でもクリスマスの話だ)
・まだお正月気分で干支のトラとかやっこ凧
・絵馬のイラストに今年の目標一つを書いてもらう

 今のとこ出てるアイディアがこんなもん。

 エシャンジュ先のLちゃんにも文法的なことを聞かれてまだうまく説明できないので、(フランス語の問題もある)もうちょっと日本で勉強しとけば良かったなーと思いました。来年もどこ行くかわからないし、日本語教師の資格を取る、というのも一つの目標にしよう。ただ行った先で日本語勉強したい人がいるかは謎…。
posted by くらぽー at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

初夢ではないけども、

年始に見た夢で一番印象深かったものは、くらぽーの人生を変えた2人のオトコが出てきたものだった。
もう二度と会えない彼らとの時間は終始穏やかな雰囲気で、目覚めた時はこちらが現実だと実感できなかったほどだ。
話の中身は忘れた。ただ、亡くなった身内が出てくる時は何かの警告のようなメッセージがあると夢占いでは言うらしい。
だとしたら、このままでは自分と同じ未来が待っているとでもいうつもりだったのか?にしては怖くもない夢だった、むしろそのまま連れて行って欲しいほど。
今年を運良く生き延びたとしても、更年期は来るしヤンデレババアになるくらいなら。

祥月命日を異国暮らしのせいか忘れていた。もう忘れていいのか、でもそれが許されたことにはならないのだから。
posted by くらぽー at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

「初春の 澄みわたる空 見据えをり」

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます、M-1で笑い飯が勝てなかったのがくやしいくらぽーです(でも見れてない)今年こそは勝ってほしいぞ!

 さて、今年はこんな記事に乗っかって目標を作ってみることに。
http://www.narinari.com/Nd/20091212849.html

 確か去年は教え子に出した課題に倣って10の目標を立てたわけですが、あまり達成されたとは思えないです (汗

 去年挙げた目標で少しでも成果があった?のは、

・頑張り過ぎない=キャパ以上の仕事を引き受けない。
・語学をまた頑張る。
・新しい環境にもチャレンジする。

くらいですかね。

・友人や周りの人を大切にする

は最後の最後にミソがついちゃった気がするしなあ…。


 でも、一つとなるとこれはちょっと難しい…別の記事で言うなら、「大人力」をつけるとかにしようかなと考えましたが、それでは具体的に達成する結果が残せません。

 なので、「精神的にも身体的にも知的にも健全な生活」というのを目標にしてみよかなと思います。それで、具体的なところを決めていきたいと思います。

 年末に整理しきれなかった物を少しでも減らして、軽やかに、今朝の空みたいな心で暮らしたいな。
posted by くらぽー at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

どわー

 なんか、恋愛相談?されちゃいました!しかも男性にです…。めでたいことにおつきあいが決まったそうで、その具体的なことを訊かれてるだけですが。
 その人は、くらぽーのことを「完全に癒し系(くらぽーは認めてないが)」で「知人の中では、間違いなくトップクラスの教養の持ち主」の「大和撫子のような」と自分史上最高に褒めてくれてます(汗)
 なので、そのお褒めに恥じぬようお答えにも力が…っていうか思い浮かばない…。彼女さんを知らないし、何しろオイラに一般女性のことを訊くのがむしろ間違ってるのかもしれない。

 どどどうすればいいんだ?
posted by くらぽー at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

学校で。

 こないだの語学学校の授業で、海外では政治家や要人たちを風刺する(=ネタにする)カリカチュール(戯画)の文化が盛んだと知った。
殊に、フランスではサルコジ大統領が「Salco」の愛称だかあだ名(単なる略称?)だかをつけられている。

 イギリス、イタリア、インド、ウクライナ、オーストラリア、中国(上海)、ドイツ、ニュージーランド、ベラルーシの各国代表(?)に並んで、それぞれのお国事情を話す。基本的に要人やセレブに関して王室でさえ容赦しないイギリスに対し、ベラルーシではそれは犯罪(という言葉を彼は使った)になるという。
 あとはイギリスではフランス人をネタにすると言って、フランスではベルギー人やオランダ人をネタにすると言っていたかな。中国ではブッシュがよくネタにされていたそうな。インドはよくわからなかったけど、国内のネタにされてしまうという地方があるようだ。まあ日本だって地方はネタにされるから…。

 日本は、というかくらぽーは昔新聞を取っていた頃によく見かけた一コマ政治漫画くらいしか知らず、そこではたまに中国の政治家も出ていた気はするけど上海の人の心情を配慮して、「日本人はあんまり外国人をネタにするのは嫌う」と言ってみた。あとは、政治家はするけども皇族は一切ネタにされないと。それはどう思う?って訊かれて、変だと思う、と日本ではKYでなかなか言えないことを言ってみた。

 海外のはやりすぎだと思うけど、基本的に皇族って、叩いちゃいけないしそもそも叩かれるようなことをしてはいけないことになっているのが日本のタブーなんだとこの記事を見て思い返した。でもこの空気とかって海外にはやっぱり不思議なものに思える、というか未だに天皇崇拝があるとか誤解を与えることにはならないのだろうか?
 一方カリカチュールではないけど、考えたら雅子妃は女性週刊誌、最近の歴代首相は2ちゃんねるでは恰好の餌食だ。ああ、福田さんのAAとかよく見かけたなあ。でもそこまでは説明できるフラ語スキルがなかったので誰も知らない…(汗)


 話はまた少しずれて、他にはCMが多いか多くないかという問題。日本でも同じような議論があるけど、フランスはTV観ててそんなにCMが日本ほど(だって15分おき)多くない。あとはアルコールや煙草のCMが海外ではない。ニュージーランドやオーストラリアではあるそうで、フランス人の先生はびっくり。旧ロシアではやっぱり冬にウオツカとかのCMがガンガン入るみたい…。日本なんて、煙草はポスターくらいになったけど、ビールのCMで季節が判るくらいだというのにふらふらそれに、ウイスキーや焼酎のCMでたまに雰囲気のいいものがあって好きだったりします。

 あと、逆にこちらがびっくりしたのはフランスだと、未成年の喫煙は将来を滅ぼします的なCMがあったことexclamationいくらCMで禁じたからって、ああも路上で大人が吸ってるんだから意味ないだろうに…。飲みすぎで人生が悪くなるというCMもびっくり。あれは日本でも公共広告機構とかがやってみたら面白いかも。というのは井戸の町が、酒の乱闘事件で有名になり来年度から成人式がなくなるというニュースを見たから。やっぱDQNの町じゃったんじゃね…。

 これもフランス語で言うことができず、ここに書いてみる。


続きを読む
posted by くらぽー at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

語学学校の話。

 9月から、いきなり語学学校が始まりました。
バカンス中にフランス語の勉強を一切やってないことを悔やむくらぽー…。しかも忘れていたのは、一緒に勉強するのは空気読む日本人じゃない、発言大好きな西洋人だってこと!

 大学で専攻までしてたんだから、てかこっちの大学行くならレベルは高い方がと乗り込んだ上級クラスで。日本語でさえオーラルコミュニケーションが苦手なのに、さっきまで日本語で考えてたらもう頭のチャンネルがこんがらがってげっそり。
こないだホテルでチェックアウトした時に忘れ物して鍵をもういちど出してもらう交渉ができたからって、ちょっと上級クラスを舐めていた。今までいかに自分がぬるいレベルで話してたか思い知らされたよ…。ていうか上級クラスには、「あんたもうここ来る必要ないじゃろ?」ってなデキる人ばかりで、「私は貝になりたい」!状態。
 語彙レベルとしたら中級どころか初級だったりするのでは?と思いディクテーションのテスト結果を先生に見せて訊いてみた。
「このクラスでもやっていけると思うよ、これから進歩するから」
のようなことを先生は言ってた気がするけど、フランス人の安請け合いは経験上宛てにならない。それに、ならオイラのすぐ後に一番できる子を当ててくれるなよ…。
 とりあえず今週は中級にも行って良いことに。中級は先生がベテラン(多分校長先生)で、ご自宅の一室を教室にしてあるのでアットホームな雰囲気、生徒さんも社会人で考えながらゆっくり話すし人の発言も熱心に聞いてくれる。まだ文法は初期段階だけど、あるテーマでディスカッションというか文化交流っぽいこともできる。比べて上級は表現のブラッシュアップ(語彙や慣用句、要約など)が主で、オーペアで来てる10代の子が多い。

 あと、中級では自己紹介が2回目なので噛まずに長く話せた。短歌や着物の話を上級クラスでも出来たら少しは違ってたのかな…。というわけで中級クラスに変更。
 ええ、自分に甘いと言われても、来るなり体調崩してやっぱり打たれ弱いと自覚したので、アウェーではなるべく心理的負担を減らす方向でいきます。
 でも、ちょっとスケジュールがハード。日本人会の合唱サークルの練習と同じ曜日で、パリに昼頃出て夕方5時に出て6時半〜9時前に終わる。そこから電車(20分おき)を待ってバスを待って家まで徒歩10分。夜の帰り道はちょっと怖いかも。あと暖房が「寒くなるまで」つかない!もう9℃とか寒いですけど!風邪気味の時期にはちょっとつらい…。
posted by くらぽー at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

29

 とうとうこの日が来てしまった。今年の誕生日は、実はとても迎えるのが怖かった。
 29才とは、叔父が死んだ歳であり、母親がくらぽーを胎内に宿した歳でもある。

 これから30歳までは、恐々として過ごしていかなければならない。井戸の呪いから逃れられるか、この一年に懸かっている。

 …というのは半分冗談で、実りある30歳目指して吸収・変革の1年にしたいと思ってます。

 最近は語学学校も始まり、日本人会(元)所属の合唱サークルにも顔を出しています。友達もできました(まだアジア圏内だけど)。誕生日にはレストランでご飯を食べました。明るい、雰囲気のいいお店でギャルソンさんも感じが良く店主さんは英語で説明してくれました。誕生日なのでとりあえずdaurade(鯛の一種)を選びました。ケーキ…というかまあデザートもきっちりいただきました(笑)


 またまた皆様からメッセージいただきありがとうございました☆
フランスに来てからさらに体調を崩しやすくなっておりますが、みんなに支えられているなーとしみじみ思わされます。

 そんな感じでフランス編、続きます。
posted by くらぽー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

もう一ヶ月。

 くらぽーがフランスの地に降りてはや一月となりました。ここで、これまでの流れをダイジェストでヘッドラインぽくまとめてみようと思います。メモ風な日記だと案外続くもんだな。


第1週
・いきなりコーヒーメーカーを壊してしまう
・マックのパンがふわふわでうまし
・初観光、ヴェルサイユの噴水祭

第2週
・生理になって熱(MAX38.1℃)に見舞われる
・語学学校を紹介してもらうが、9月まで休み…
・郵便局で無料だったT/Cの両替が7月から手数料かかると知らず15Eの損失

第3週
・七夕でクールアースデーなのでキャンドルを買ってみる
 マグノリア(木蓮)の香りに癒され〜
・マイミクさんと初対面!久々の日本人
 パリの外食は高くつく
・昔行けなかったノートルダム大聖堂と新凱旋門

第4週
・革命記念日の花火を見に行く
 日本のと同じくらいのヴァリエーションに驚き
 エッフェル塔にアニメーション
・旧友からの郵便届く
 感化され小説が少し進む!
・PC壊れ、携帯の申込とかであちこち行って熱を出す
 iPhoneゲット!

第5週
・頓服で無理やり熱を下げ大使館に手続きに行く
 おまけで行けなかったパート2の凱旋門
・生まれて初めてTGVの予約をネットでやって成功
・レセピセ(滞在許可証みたいなもん)の申請に行く←今ココ

第6週
・南仏でバカンス♪
posted by くらぽー at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

日本でのおもひで。

 えーと、ここに来て日本でのこと。

 出発前に遊びに来てくれた友達と、かりゆし58というバンドのライブを聴きに行く@埼玉。楽しくて、すごく元気がもらえるライブだった。ただ、全然歌と関係なくボーカルの人はドSに見えて(基本ドMにはこういうタイプのサービス業は務まらない)それがちょっとくらぽーには合わないなとかほんとどうでもいいことを感じたけど、それはつまりドSに反発する辺りオイラもやはりSなのだろうと思う。ドSでは絶対ないけど、ドMでもない(だって虐められても嬉しくない、腹立つだけ)よなー、と自分の属性を感じた夜。



 渡仏前に井戸に帰って、何やら京大教授の奥さんというおばあちゃんが考え出した?とかいう育児法についての番組(ってかHD録画)を見せられる。天才を育てる?はあ、ちゃんと自分たちの結果ちゃんと踏まえてよね。そんなにいい大学に行かせたいのか。卒業後引きこもりやニートになってもか。
 オイラ別に普通の子どもでいい、否、普通がいいけど。自分がコミュ不全な分、子どもにはどんどん交友を広げて活動していってほしい。情緒的にまともなら、勉強は別に適当でもいい。だって大人になってから目的持って勉強した方が意義がある。こうやって親は自分ができなかったことを子に期待するんだな…。
 いくつかメソッドがあったけど、常に話しかけるとかTVを見せる時は時間を決めてとか、それはもう当たり前というかこれをしない教育は何?という感じだった。赤ちゃん言葉を使わない、っていうのは全然意味がわからない。むしろ、日本語にはTPOに合わせた言葉の種類があるってだんだん理解していった方が、言語能力が豊かになるんじゃ?…と思う。あの、大人言葉しか使えないマセた子どもが、くらぽーは嫌いだ(自分もそうだったから)。間違いはどんどん直してあげた方が、社会(というか一歩家を)出た時に恥かかないけどね。
 父親は全然育児に関わらなくて、母親だけが必死に自分のやり方で育てて、いい大学に入るのが成功なのか?子を持つ知人の大抵は(かなり教育水準が高いはずだけど)そんなお教室なぞ通わずに、のんびりと育てている模様。また、頭が良い事と勉強ができる事と情緒が豊かである、この3つは全く違う分野であると教育の現場に行けば誰でも気づくはず。

 番組を通して、こういう教室に入れたがったり、メソッドに頼ったりと自分に自信がないのに高望みするという現代の親(井戸のみなさんもなー)たちの姿が垣間見れた。所詮蛙の子は蛙。
posted by くらぽー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

フランス着いたぜ。

 なんで語尾が「ぜ」なのか自分でもわからんぜ。気を抜くと頭の中で今日聞いたフランス語が洪水になって襲ってくるぜ。

 とりあえず猫も元気で、今は家政婦見習い(昼寝付き、無給)っぽいことをしてるけど、そろそろフランス語の勉強を再開して、大学に行ってみたいもんだぜ。

 フランスのマックのパン部分がめちゃふわでうまい。

 ああ、日本にいたうちの作品レビューがまだ全然片付いてない!来週からはもう少しネット環境がよくなる予定なのでぼちぼち書いていきます。くらぽーフランス編、本格始動?
posted by くらぽー at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

明日からフランスに行きます。

いよいよ出発となりました。
出発前に直接ご挨拶出来ないのが残念です(涙

今夜以降携帯が使えなくなりますので、PCアドレスによろしくお願いします!

ではでは、冬休みには帰って来ますので皆さんお元気で☆
posted by くらぽー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

でもね、

 ちゃんといいこともあったんだ。名残を惜しんでくれる友達の存在。ありがとう。感謝してます。
posted by くらぽー at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

この忙しい時に凹ますな。

もぉただでさえパッキングだけでボロボロなのに片付も間に合うかわからないし胃が痛くなってきたよ。

その1。
隔週末にしかやっていない古着屋さんを見つけて行ってみた。
着物は高かったけどスワロフスキービーズの帯留とか羽織紐が可愛くてお手頃なので買ってみた。
店主さんのページ見つけたからお礼にメッセしてみたけどまだ返事がない(涙)
コメント欄は出店してる人ばっかりかと思ってしまったのに勘違いしてのが悪かったのか。
空気読みすぎて却って失敗してちょっと気分悪い…。

その2。
元職場の人と会った時に、おむすびを買って来てくれて、
「たくわんとしそとどっちがいい?」と訊かれたのでしそと答えたのに、
食べてみたら緑のたくわんで、「これしそですか?」と訊いたのにしそだよと言い張られた。
自分がしそがいいなら最初から訊くなよ…。

その3。
金〜日で井戸に帰る(キングとクイーンが見送りに来れないため)のに、
予防接種がいろいろあって受けられないまま海外外来の予約が金曜しか空いてなかったため
帰るのが土日になると連絡したらすごい切れられた==+)
そもそも三種混合を12歳の時に受けさせなかったからこんな手間がかかってんだろうに。
6月頭には新型インフルが最盛期で危ないから帰って来るなとか、
こっちだって都合があるんだよ。帰るのやめよかな…。



 気合入れるために髪切ってみた(馬渕英里何みたいな感じ)けど、軽くなったのは頭だけか?
posted by くらぽー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

携帯遊び68

 そろそろ荷物整理の話になってきました。


続きを読む
posted by くらぽー at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。