2008年02月10日

そしてまた熱が出て。

 一昨日の夜から熱が出てしまったんですよね。昼頃からどうもだるいなあと思っていたら、右の耳の下にグリグリができて痛くなってきてました。ちょっとボーっとしてきて、帰ったら37.4℃。

 翌朝病院に行ったら、
「確か去年の今頃も来たよね?」と言われてしまいました…。
 今回はリンパ腺と扁桃腺。でも一応インフルエンザの検査も受けておきました。
 予防接種したからそんなことはないと思ったけど、子どもで2回接種受けてもかかったという話を聞いたばかりだったので、自分の免疫に自信がなかったし…。でもシロでした。というわけで単なる扁桃炎みたいです。これは多分毎年冬になるとやってる方のやつです。
 でも去年は熱も39℃近くて、腫れてたのは左の耳の下、耳下腺というとこだったらしいです。あの時はちょっと違ってたのかも(声も出なくなったし)。仕事もいやだいやだって感じでしたしね…。

 寒いのに外に出たからなのか寝つきが悪くて夜更かしだったからか、最近公私で過密スケジュールだったのか(いや、休みはあるはずなんだけど)どうもこの時期はちょっとしたことで体調を崩しやすいようです。
 結局昨日は38.2℃まで上がったのですが、一晩寝て少し良くなってきました。


 というわけで今週は療養してます。良かったのはちょっと本を読んだり録りだめした舞台のビデオを観たりする時間ができたこと。特に国語教育関係の本が読めたので今後のためには良かったです。


 冬は寒いし冬期講習とか仕事の疲れも溜まるしその他いろいろトラウマがあるし、ほんとにヤな季節です。
 
 一気に春になっちゃえばいいのに。とか言いつつ今日の雪はまたもやワクワクしながら見て(見るのは好き)いたのでした…。



病院でまた血圧計ってみました。

最高 116
最低 77
脈拍 97


posted by くらぽー at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

Panic is on the way

Cos my family don't seem so familiar(それはいつものこと)
And my enemies all know my name...(むしろ知らない人は敵じゃない)


 と突っ込みつつ、oasisはこの頃が最高潮だったのだと思うのですよ。

 仲良しの中に隠れている偽善は何だ?答え。familiar(親しき)中にもliar(嘘つき)。I can see a liar. So, let's all make believe.





 わからなくていい、むしろわかったら気持ち悪い。
posted by くらぽー at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

出血量増えてきた。

 マーベロンに変えてから。痛みも一寸以前よりは。で、またピルもらった時に血圧のみ測ってみた。

最高 121
最低 74
脈拍 80

 前回(12/12)とほとんど変わりなし。っていうか、血圧が120台に落ち着いてしまったのか。すごい謎。
posted by くらぽー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

体調メモ。

 朝からお腹の調子が悪かった。昨日のポテトサラダ(買って2日後)がまずかったのか、火は通したのに。そしてドーピングして仕事行くも、一日中体の中が熱くて重い。実際の熱はない。そしてひたすら眠い。



 冬はやっぱり冬眠が一番。
posted by くらぽー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

そんなわけで健康管理を始める。

 ピルがなくなるので近所の医院にもらいに行って来ました。すると前回甲状腺などの血液検査を受けた結果が出てました(というか忘れてた)。


 今でもだけど、確かに

・疲れやすい、だるい  ・汗をかく  ・身体(の内側)が熱い
・食欲があるが太らない ・動悸が激しい
・イライラして落ち着かない  ・手足に力が入りにくい  ・口がかわく
・排便の回数が増える、下痢   ・微熱が続く  ・眠れない 

 くらいの症状があるからね。


 で、甲状腺の異常というのはホルモンの数値を調べるのですが、TSHという甲状腺を刺激するホルモンが基準値より低かった。でもそれによって分泌されるホルモン自体には異常なかったので、また期間を置いて検査してみましょうと言われた。今回の吐気を伴う頭痛の事も精神的なことかなと安定剤をしばらく出された(たぶん漢方さぼってる方が問題)。

 うち帰ってネットで調べた限りでは、TSHの値だけでも異常が疑われるようなこと書いてあって、専門で診てもらった方がいいようなことが書いてあった。

 ちなみにメモしとくと、
TSH 0.383
FT3 3.11
FT4 1.31

 血圧も測ってみた。やっぱり頭のてっぺんが暑くなったり痛くなったりは漢方的には気の上昇なわけで、そうなると血圧も上がっているとの予想は当たっていた。

最高 122(昔は90台だった)
最低 72(これも50〜60だったかな)
脈拍 80(変わらないのはこれだけ)続きを読む
posted by くらぽー at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

最近の調子。

 どうも内膜症が少し再燃してきたみたいなので(生理痛・微熱とか)、先月からピルをマーベロンに変更しました。前回ほど副作用ないので助かってます。でも依然として

・ニキビができやすい
・イライラしやすい
・胸が大きくならない(これはまあどうでもいいか)

ですねえ。マーベロンは1相性なので、黄体ホルモンがずーっと多い状態です。ってことは常に、生理前(PMS)状態なわけです(汗)くらぽーは特に黄体ホルモンに弱いと思っていたのでちょっとばかし決断が必要でした。でもとにかく今後のことを思って、しばらくはマーベロンを続けようと思います。


 にしたって、またやってきた、体調を崩しやすい冬。一度扁桃腺も腫れ、今年はちゃんとインフルエンザも予防接種したというのに、一昨日は買い物帰りの夕方、頭がてっぺんから痛みだし、吐き気を催し発熱。朝には下がるがまたゆうべ微熱。今日も夕方から。

 しかもそんな中で創作意欲だけは強まる。新しい作品に着手。徹夜して朝7時まで構想練る(「シナリオの構成」に則った方法を試してみたかった)。
続きを読む
posted by くらぽー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

文章が思考に追いつかない。

いや最近頭使って考えてばかりなのに書く時間がなかった。
もう備忘録的なことばっか。


でも長年の疑問が解消。
http://www5.big.or.jp/~seraph/zero/discomm.cgi
なぜ「不」でなく「非」なのかとか、定義の仕方に疑問はあるとしても、くらぽーは中程度だということ。何型かはナイショ。
この型の分け方も微妙。オタクは非コミュになるのか、非コミュだからオタクになるのか?
それよりはこちらの解説に納得。綺麗にまとめてナルホドである。
http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20070524/p1

「特に情緒的なコミュニケーション環境においてぎこちなさが感じ取られる場合がある。「他の人とは何か違う」と思われ、周りから浮きがち。営業など、人並み以上の対人能力が要求される仕事は辛い可能性が想定される。」
(本テストより抜粋)

確かに。でも大学時代の料亭アルバイトじゃ結構お客さんにかわいがってもらった。最近はテレアポみたいなこともしとるよ。(保護者や資料請求対応)
おかげで「わかりかねます」とか「おそれいります」とか舌噛まずに言えるようになった。デパートのアナウンスみたいな声もするよ。ほんとにどっから出とるんかわからんような声が(笑)
でもこないだひさしぶりに小学生時代のホームビデオを観させられたら、とんでもないお調子者が映っていたのでまあそんなものだよな。(子どものごっこ遊びって、傍から見るとイタイよね?)
職場でも当たりがいいとまずまず好評だから逆にそっち系の仕事増えたのは藪蛇。それなりに職場内でのコミュニケーションにはまだいろいろと戸惑いがあるけども。
なんでそんな口調で言われなきゃいけない?オイラ何かした?みたいな時も。
でもこの職場も結構同じような空気読めない&浮く系の人多いので、どこをどう変えればいいのかとか考えるようになった。
だって「ちょっと待って」と言われてほんとに待ってても時間の無駄なんだから、「ほんとにすぐだから」ぐらいは言って主張しないと。逆にとにかく相手に言わせるように仕向けるとか。
キングやクイーンで練習して、だんだん流れをリードするということもわかりだした。
他人に合わせるんじゃない。自分が変われば他人も変わる。とにかく自分を解放して、目指すは磊落な姐御キャラだぜ!(ほんまかい)
posted by くらぽー at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

また熱を出したわけだが。

 近くにインフルエンザ発症者がいたもので、てっきりうつったかと思いきや、別に普通の風邪でした。こないだのより全然ましだし。

 前回は結局1月に38.7℃が最高でしたが2月は37.8℃くらいまでだったかな。ともに耳下のリンパ腺が腫れ、体の節々が痛みました。ただの扁桃炎だったのか、慢性疲労症候群というやつなのかいまだにわかっていませんが、3月は大して出てないのでまあ前者ということなのでしょう。

 で、今回はそれに比べたら全然マシです。熱も37.3℃くらいまでしか上がらんし。それよりも思考のマイナススパイラルから抜け出せないことの方が重大です。自律神経が参ると鬱っぽくなるのかな。漢方が手に入らない今、セルシンがちょっと頼り。ほっとくと、世界との断絶がどんどん広がる気がする。集団にうまく溶け込めているか、相手が自分を拒絶していないかがすごく気になる。来るものは拒まずだが去るものは追ってしまう(気持ち的に)。他人の言動に裏がないかとか疑ってしまうし、ある時はものすごく根性がねじ曲がってしまう(それはデフォか?)。

 ともだちのうちでやった乙女ゲーの男の子の反応にとまどったり慌てたり、しかも表裏のない子だとつまらなくなるし、一体どっちなんだ?

 傷つきたいのか傷つきたくないのか、傷つけたいのか傷つけたくないのか。どちらかわからないまま今日も日が昇る…。
posted by くらぽー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

これは一つの欠陥ではないかという事実。

 くらぽーは、なんかいつも自分が他人と違うような気がしていました。違うっていうのは優れているんじゃなくて、劣っている方。どうも『他人がやっているようにはうまくやれない』、大ざっぱに言うとそんな感じです。

 症状的に人の話を全く忘れている、もしくは言葉をそのままの意味で全然違う方向に理解してしまうことがあります。

 昔すごいトラウマになったのは小学3年生で漢字ドリルで確か平仮名になっているのを漢字に直すっていうのが、先生が確か「これを書いてきなさい」と言ったんですね。で、普通ならこれをやってきなさいとか言うのに書くだけ?変なの〜と思いながらそのまま平仮名を写してきて何をやっているのかとみんなの前で言われたことがあります。で、未だに何が悪いのかわかっていません(笑)。一番良かったのは質問して確認すれば良かったんでしょうがね…。

 先日もある人に他のことで『常識でしょ』と注意されましたが、それも解釈がいろいろあるようなことで、特に前述の先生といいこういうタイプは自分の“常識”を振りかざして言ってないことも『一度言ったことは覚えてよね(すいません、一度は忘れるんで勘弁して下さい、しかも何度言われても忘れるもんは忘れます)』とか言ってくるので結局は相性の問題なんかもしれん。でもワンマンな感じの人には今一つ使えないと思われてるかも。逆に言えば使えないって思うのはワンマンなんだろうけどね。ええじゃんか。誰もがあんたの思う通りに動くわけないじゃん。

 しつこいけども前述の先生には掃除時間に机運ぶのがなんか重いか運びにくい机だったのか忘れたけどもなんかトロいって怒られてほっぺとお尻叩かれた。初めて赤の他人に受けた暴力。なんだかずっと覚えてたわけじゃないのに常識云々のことで思い出してしまった…。あの時母親は娘が手を挙げられたことにすごく怒ってたけども、牛乳を床に零したりヘマすると手は出たし、熱があるのに遊んでた時は烈火のように怒った。どうしてこんな人間ばかりがいるんだろう。

 記憶に関してもあやふやだし、わかりやすく言ってもらえないと正しく理解できない。いくつにも解釈できることはどれが正しいのかわからなくて、常識という観点からでもその人の言う常識と自分の常識が違っているかもしれないから結局は言葉尻そのままに理解することにする。そして、多分自分の言ったことも覚えていない。うーん、旧式のOSかくらぽーは?

 単なるトロいドジっ子と言うことは出来る。だって片づけられないのはその意志よりも先にいろんなことに時間を取られてしまうからで…。でもこういうのって体育会系の人には通じないんだろうな。『毎日少しずつでも成長を』ってばかみたい。それをお題目にするあんたはホンマに成長しとるんか?

 でも記憶力とか判断力がな…。前やってもらった脳のCTじゃない方(ヤバい、思い出せない)では異常はなかった。TVでやってた全国一斉IQテストも悪くなかった、どころかむしろいい部類に入ってた。なのに、5分前のことを忘れてしまう。買い物に来て何を買うのか思い出せなかったりする。




 思い出した、MRIだ(最後のこれを思い出すのに2日経過…)最近覚えていたいことも少なくなったしな。
posted by くらぽー at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

PMS=ぷちっとマジギレ寸前

 えー、暗い話予告していましたが、まあ愚痴だけになってもつまらないのでやはり体調と一緒に考察してみることにしました。
続きを読む
posted by くらぽー at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

眼科医で漢方医でサディ…

 また眼科で漢方処方してもらいました(なんかちょっと変な感じ?)。

 前回のお試しがほんのり甘くておいしかったと言っていたので「今回はこれでもかと苦くしておきました」とニッコリ言われましたよ…先生、もしかしてS?医師ってまあ、Mじゃあないよね…。

 そんで帰って作ってみたら、確かに前より苦ぁ、まずぅ。前のは健康茶に近いように思ったけど、今回は確かに薬薬してます。

 そして、内膜症のことを詳しく話しておいたためか、丸薬もプラスされました。袋には「桂リョウ(←変換できず)丸」と書いてあったので「?知らないこんな名前」だったのだけど、よく考えたら前も書いた「桂枝伏リョウ丸」の略じゃんか。

 くらぽーの体の問題点は大体3つらしく、そのうち今一番つらい2つに対しての処方らしいです。「まあ、昨日来た人なんかは4つもあってそれがこんがらがってるからあなたはまだいい方ですよ」とまたニッコリ。でもね、考えたらまだ言ってないことあるんだったよ、もう一つ。まあでもおいおいでいいか。

 帰りに漢方についてもう少し知りたいと思い(まあ薬の適応症とか成分とか)、『症状でわかる漢方療法』というのがそこの本屋で一番わかりやすそうだったので購入。

 内膜症関係の本で知ってましたが、やっぱり桂枝伏リョウ丸は月経の問題(血の滞り)用ですね。

 あと、くらぽーはこれでも昔は病弱でしたので、体質なんかの「証」も一番弱いやつかと思ってたら意外と普通の体質向けの処方でした。あ、でも一人の証は変わっていくし処方も変わるもんみたいです。

 だから最近は瞼の痙攣もなくなってきたけど、頭のてっぺんがすごく熱くなったりします。先生も触ると「ほんとだ、熱い」って言ってたし、熱が上半身に集まる「冷えのぼせ」らしいです。なのでたまに小さい保冷剤を頭に乗せております。

 というわけで、もし外でジュースの缶やペットボトルなんかを頭に乗せた人がいたらそういうことだと思ってそっとしておいてあげましょう。そういえばくらぽー自身は昔から癖で(?)よく乗せていました。といわけで気持ちいいよと広めてしまおう(笑)。



 ちなみにタイトルの元ネタの曲をわかる人がいたらすごい。まあくらぽーがよく使ってるところですよ。わかるかな?
posted by くらぽー at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

こんなん買ってみました。

image/crapaud-2006-03-08T14:41:16-1.jpg 直接体に貼るカイロみたいなやつです。結構高い。前行った美容室で髪を洗ってくれたおねーさん(ということにしとこう、笑)が肩こりの話したら教えてくれたんです。

 それで昨日早速肩に張ってみたら…、ちょっとくらぽーには強烈すぎ。なんか血行良くなるのはいいんだけど良くなりすぎたのか頭がのぼせた…。よっぽど冷えてガチガチの時か、5時間って書いてあるけど1時間くらい(お風呂と同じ時間)でいいんじゃないかと思いました。

 そういえば最近、半身浴(みぞおちまで)で読書するのが習慣なんですけど、何かの本で乾いたタオルを肩にかけると良いとあったのでやってみました。こっちは良かった。結局お風呂の湯で湿るんだけど、それが肩を温めてくれる。シニアの方に先に入ってもらい、最後にかなりのんびりなバスタイムを送っております。だって、夜くらいゆっくりしたいじゃんねぇ…。

 というわけでこの直貼りカイロは生理の時にお腹や腰に貼ることにして、早速今日また出番です。
posted by くらぽー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

漢方のキキメ。

 実は、一昨日から漢方薬飲んでます。一回冷まして飲んでるからか、匂いもキツくないし、味もそんなに苦くない。

 というより、ほんのり甘みさえ感じる。先生は、「(90〜100mlを)1日3回に分けて薄めず一気に飲んで下さい」って言ってたけど、この味嫌いじゃないから味わえる余裕。

 やっぱり煎じる前から匂いで馴らしてたからか、煎じる時もあんまり気にならないし。(ただ、父ぽーが覗きにきて「玄関まで匂っとるよ」と言うので換気扇を慌てて回した…。

 でも、なんだかすーっと入っていく気がした。調べた通り、まさに足りなかった全て、体が欲しがってた全てみたいで、すごい爽快感。

 だから昨日あんなにハイだったのかなぁ?(汗)ただ、煎じるだけじゃなんか勿体無くてそのまま一晩置いてるからかなり濃いめなのかもしれないし…。

 でもそういえばここ2、3日で体調はやっと落ち着いてきたかも。瞼の痙攣も収まってきたかな?風邪は鼻詰まりくらいになったし。

 ただ今は頭の筋肉(?)や首・肩がバリバリ。温熱パットでも買ってくるか。しかも今度はクイーンが風邪ひくし…。ほぼ台所に立ちっぱなしな1日だったな、今日は。



 漢方じゃないけど、四川飯店の“中華粥膳(名前はうろ覚えだけどとにかくお粥のセット)”は特に女性にお勧めです。ヘルシーだし、薬膳茶っていうのがついててこれがかなり美味しい。薔薇の蕾とかクコみたいな甘い木の実のお茶です。最近食べてないけどそのうちまた行きたいな。
posted by くらぽー at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

ついに来た漢方。

 キタよ、漢方。名前は「抑肝散」。聞いたことない。予想してたのは「加味逍遥散」とか「桂枝ブクリョウ(携帯では変換不可らしい)丸」とかだったのに。

 でですね、これはどういう作用があるかというと、「理気作用」つまり気の流れを整えるらしいです。それで、帰って薬の名前調べたら、「カンの強い小児=情動不安定な子」に飲ませたりもするそうです。…やな予感。

 「肝」っていうのは漢方では肝臓だけじゃなくて「情緒・自律神経系+増血系+運動機能+視力+肝臓機能の一部+α」なんだって。うわ……納得だよ。くらぽーに足りないもの全部じゃん。全然もとから天然でも癒し系でもないよ。ただのキレ野郎よ。ってか、前回の話とこれでつながったでしょ?

 そしてさらに笑ったのは、さっきの場合、「子どもと同時に母親も服用」することを勧めると16世紀の小児科の医書に書いてあるんだそうです。なぜなら「子どもの情動が不安定なのは、母親の態度に問題がある場合が多かろう、といった家族病理の考え方」が漢方にはあるんですってよ。まあまあまあ。

 で、加えて症状には湿(汗かき)と熱(口内炎とか)があるからそれぞれに対し黄連と芍薬っていうのがプラスされてました。

 とりあえずお試しなので、一週間分。煎じるタイプです。かなり苦いらしいけど、私のためにオーダーメイドで作ってくれたんだもん、頑張って飲みますよ!ただ、水曜からまた風邪引いちゃって、治るまで飲めないんだそうです(涙)。

 でもなんかいい匂い、っていうか、『漢方小説』にあったみたいな落ち着く香りがする。枕元に置いて寝るだけでも効果ないかな?関係ないけど、あの先生みたいのが癒し系だな、年だけど…。

 以上の引用は、下田哲也著『漢方の診察室』(2004年)によります。
posted by くらぽー at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

今日は眼科に…。

 消化器症状が落ち着いたと思ったら、金曜の夜から左瞼が痙攣し始めて今日まで続いてるから気になって。

 いつかも一度なったことがあったのだけど、すぐ治ってしまったので気にしてなかったんですよね。ホント、美容室のことといい喉元過ぎればって感じですが、今度は流石に微かに目が開けにくくて仕事中に気が散るくらいだったから、流石に一回診てもらわないといけないかなあ、くらいでした。

 そしたら、ストレスや疲れから来る顔面痙攣(動眼神経麻痺)で、特に薬がないらしいです。友達と道後温泉(なぜ道後なのか…)にでも行って発散してくるのが具体的にはお勧めですがと言われました(汗)。

 でも休むことはできないので、そしたら漢方はどうかという話が出ました。煎じ薬だけど保険利くって!内膜症の話もしたら、じゃあいろいろ抱えてるからいいかもね、と。眼科が漢方もやってるなんてね〜。今日は時間なくて問診だけだけど、脈診とかもするらしいです。

 意外な発見でした。
posted by くらぽー at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

今日からピルが新しくなりました。

image/crapaud-2005-12-18T23:23:24-1.jpg
image/crapaud-2005-12-18T23:23:24-2.jpg 
 懐かしのトリ○ュラーさんですよ。袋も変わって、ポーチみたいに大きくなりました☆今日から飲みます。
posted by くらぽー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

ちょっと下ネタ…。

 おりものの量が大杉。3日前に生理前みたいな鈍痛があったからもしや早まった?(くらぽーはショックで早まるタイプなので)と思いましたが違ってました。ちょっと尋常じゃないな…。
posted by くらぽー at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

さ、再発…?


 さてあんまり楽しくない話題です(最近そんなんばっかかもしれないけど)。どうも最近お腹が痛くなるんですよね。といっても今までの生理痛じゃないし、生理終わったのに少し痛む、という微妙な感じ。右の卵巣付近(?)がひきつったように痛くなるんです。

 以前手術の回で書いたように、くらぽーの右の卵管は捩れてるらしいです。術中にいろいろ戻そうとやってみたけどどうにもだめで、通水できたからとりあえずそのまま、って状態なんですよね。でもどうも捩れるだけで痛いこともあるようで…ぐぐってみるとこんなのにヒットしました。

同じく卵巣嚢腫摘出された方の話です。
http://www1.ocn.ne.jp/~nijyo/west/egg/e54.htm

 激痛じゃなくても捩れてるのか、これもねじれてる痛みなのかな…?

と、そのサイト内の別の方の体験記発見。
http://www1.ocn.ne.jp/~nijyo/west/egg/e50.htm

 捻転は、ちょっとずつジリジリと捻れる場合(自覚症状がある)や、いきなりクルッと捻れる場合(気づかない)といろいろなのだとか。これか?ちょっとずつねじれてる痛み。
 そのねじれる時も腸が動くと一緒に回ったり寝返り打った時だったり、重い物を持った瞬間だったり…ええー?そんなにいつもご機嫌を伺っていないとダメなんかい!

 まあもう術後半年だし、くらぽーは他の人より若いので(多くは30代に発症)進行も早いのかもしれませんね。京都行ってみますわ。
posted by くらぽー at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

生理始まりました。

 10日ほど前から熱が出て、咳もくしゃみも鼻水も出るから風邪だと思うんですけど…、とうとう生理まできちゃって弱り目に祟り目かあ。正直だるいっす。また更新止まるかもしれないんだけど、熱あると他にすることないって話もあるからなあ…。
 
 しかしちょっと気になる点が。
 ・イブがすぐ効かない(ボルタレンかロキソニンじゃないとだめだという思い込みがあるのか   も、あとで気づくと和らいでた)
 ・経血が前より固形っぽい(いや、内膜だろうけどさ…)
 ・足全体(特につま先)がいつもより冷える


 前より症状進んでるのか?!やばいなあ。やっぱピルもらってきた方がいいよね…。
posted by くらぽー at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

どうやら、

 そろそろ本当に漢方の出番みたいです。

 最近偏頭痛がよく出るんですよね。なんか前に一回ベランダの手摺に自ら強か頭を打ちつけた頃からたま〜にあったんですけど、最近痛んでる時間とか箇所が増えてきて。

 で、また今日も胸が痛くなったし。東京に大地震が来るって番組観てた時でした。ああいう話は観るもんじゃない、と思ってもつい見ちゃいますね。しかも、東京には大事な人がいるので、20メートル道路が火の海になる実験とかで怖くなったのかもしれません。今まで何回か検査しても異常はなく、心臓神経症かもと言われたことはあるし。

 でも番組自体はヤラセっぽくなくて、はっきり論理的には断言はできないけどこういう過去の例から導かれた結果が参考になるんじゃないか、という感じで悪くはありませんでした。理論じゃないけど実例が証明、ってのはなんだか漢方に似てますね(^_^;)ただ最後の北村総一郎の撮ったという雲は必要ないと…。

 閑話休題。まあ、「漢方小説」の主人公もストレスで体壊して漢方に出会ったんだし、こういう部分に出やすいという体のクセを知ることで、変な病気じゃないって確認できるのはいいことでしょう(と自分を納得させてみる)。

 生理前に熱が上がるのも気になりますしねぇ。

 というわけで、明日は漢方薬局に行ってみる予定です。井戸には漢方医がいないので、とりあえずそっちで聞いてみます。結果はまた後日レポートいたします☆


 でも10代の頃から忘れっぽいし、やっぱり頭くらいは検査した方がいいのかな…?
posted by くらぽー at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 持病関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。