2009年12月29日

冬将軍到来?(とゲームの話)

 さて、先々週からフランスはぐっと冷えて、最高気温1℃、最低−6℃とかいう日が続きます。京都でさえそんな寒い日は2月頃じゃないとなかったような…。
 今年はもう、ブーツとダウンのロングコートしか買わない!と決めているのですが、どっちも手に入らないうちにこんな気候になってしまいました(汗

 寒くなってしまうとどうしても外に出たくなくなってしまう…。そして最近はもっぱらゲーム大会の日々なのでございます。

 パリの冬のオシャレな街に出るより、やっぱりコタツでぬくぬくゲームがくらぽーには合ってるのかもしれない…。



<最近クリアしたゲームの感想>
・ MOTHER2
 シナリオも音楽もすごくいいゲームだった。作り手の情熱が伝わる。
 でも、時々大人の世知辛さみたいなのがあって、子ども時代にそんなの知らずに済んで良かったなとも思った。大人になってからこそハマれるような「ぼくのなつやすみ」みたいな。
 ヒロインは一人なのにあとが男の子でどうしようと言ってたけど結局「さちすけ」と「やめ(王子)」に。硬派なやめ王子にメロメロ。アイテムを全部取ってあげられなかったのが心残り。
 最後のボス戦の戦い方… 音楽とか映像とか、精神が壊れた人の頭の中を覗いたみたいで気持ち悪かったけど、感動した(特に自分でヒロインやっただけに)
 子ども時代の素敵な思い出として上書きしてしまいたい。
 ポーキーみたいな奴どこかで見たような気がする(笑

・ ドラクエモンスターズ・キャラバンハート
 多分ポケモン人気を受けてできたシリーズ(どっちが先?)主人公は女の子か男の子か最初わからなかったので「さつき」に。装備とか考えずにモンスターをいろいろ転身させていくのが面白かった。あと、馬車に乗せる人の重さとか、結構タクティカル。
 2周目は違う話になるけど、オーブを集めて最終決戦が冗長になってきてその辺で飽きた(汗)あやめはベビーパンサーからキングレオになって、もっと強いモンスターに転身できたかもなのに。


・ クロノ・トリガー
 
 ドラクエと違って、FFと同じ戦闘システムはオイラには結構ハードでした。
 でも、設定がとても面白くてすごく引き込まれた。きっとドラクエ3から着想したのでは、と思いました。最終目標が決まってもあちこち回らないといけないのが少し煩わしかったけど。
 キャラは出てきた順に名前をつけたので、幼馴染の発明家がくらぽーで、萌え萌えなお姫様があやめに、ワイルドなしっぽ娘がさつきになってしまいました(汗)あー、どうせ眼鏡っ子ですよー。別に発明家男の子でも良かったじゃん、鳥山明の趣味か。
 そして、友情出演としてロボは猫つながりとして旧友マイミク(飼い猫の名前から由来)に登場していただきました(笑)またロボと発明娘のエピソードがいいんだこれが。ロボは礼儀正しくてとても可愛い奴でした。最後のお別れでこいつの未来が不確定なことに気づき、そこで泣いてしまいました。魔王は思いつかなかったのでそのまま元の名前に。特にいなくても良かった気がする…。ダルトンみたいな奴どこかで(ry
 しかしすごいボリュームでした。まさか途中で…!てなシナリオも面白かった。音楽も綺麗だった。これもDSになってるんですね。続編はまた違う話らしいけど、どうなんだろう。


<現在進行形のゲーム>
・ FF6
 まだ仲間7人までしか集まってません(汗)キャラの名前はたくさんいそうだし横文字のが似合いそうなので、フランスの知り合い関係者にご登場いただいてます。さつきは野生児。あやめは…?さてさて、どうなることやら…。

・ ミスティック・アーク
 主人公は今回は「あやめ」。最初の世界?が猫の国なのでぴったり!
マイナーなゲームかも知れませんけど、多分その理由は主人公の表情のなさ、敵のリアルな怖さ、そしてそれぞれの世界で次々と現れる悪魔のようなダンジョン…。どれか一つを改善すればプレーヤーのMPはここまで磨り減らないのではなかろうか。

・ ブレスオブファイア2 使命の子
 これも話が暗くて重いです。音楽とかもFF?とか思います(エニックスだし)でもキャラが割とまんがチックで可愛い。そして、特筆すべきは女性キャラの個性。最近のFFやドラクエは知らないけど、こんなに性格(や生い立ち)が描き分けられているのは珍しい気がします。女性の本質についても、かなり深い考察がされてるようです。(ツンデレ、不器用、おてんば、委員長タイプなどw)あと、随所に関西でしか通じないような何かがあるのもスパイスです。


posted by くらぽー at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

DQ6プレイ日記(後編)

 さて、本日、DQ6を無事クリアしたことをここに報告いたします。
PCがくらぽーと一緒にダウンしてたのに、今日無事に蘇生したため本格的にダメになる前に祈るような気持ちでチャレンジ。


(以下ネタバレ)











 とりあえず習熟度(職業レベル)をかなりあげ、特技を増やしいざムーアさんちへ。魔王とは思えないガリガリのひげじいさんがいました。おじいさん、自分に「様」つけちゃってるよ…。

 まず先発は、
ドランゴ・勇者主人公・賢者チャモロ(武闘家経験有)・バトマスのテリー(ツンデレイケメン?弟

続きを読む
posted by くらぽー at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

DQ6プレイ日記(前編)

 タイムリーなことにDSでも発売されそうですね。

 うちでやっているのはSFC版。ボスと目されていたのを倒すと一気に物語が動く仕組みになっているのですね。
 転職も、武器装備を替えたりレベルが下がらないのは良かったけど、職業によってHPやMPが変わってしまうのはちょっと難しい。あと常に金欠…ギャンブルがあまり好きでも得意でもないので、銀行を使おうかと思い始めてます。でないと最強4人にしかいい装備させられなくて、しかも主人公が外れてしまうという結果に(汗)
 モンスターはあんまり捕まらなくて、でもスラリンがとても気が利く(戦闘中)良い子なので可愛がってます。

 とりあえず、主人公とスラリンをレンジャーに、ハッサンさんとアモスをバトルマスターに、ミレイユはパラディン、チャモロは賢者、バーバラを魔法剣士に育てました。あとは魔法使いのメルビー(なんとかマージ)と武道家のレッサー(レッサーなんとか)です。スーパースターとやらも面白そうだったのですが。でも…勇者になるのに過去が盗賊って大丈夫なのか?

(以下ネタバレ)


続きを読む
posted by くらぽー at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。